福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

受験まで1ヶ月をきりました!
あと10日で倍率が出ます。受験生は不安で不安でといったところですね。

でも、時間は待ってくれません。

今からやっても伸びるはずない!
と諦めている生徒もいますが

ラストスパートが一番伸びる!
私は断言します!

アドレナリン全開のこの1ヶ月は信じられないくらい得点力がつくんですね。
そういう事もあって来年から現行の1期2期制度がなくなるんですから。

1期不合格で自信をなくしている生徒には、こんなエールを送ります。

真の実力で合格を勝ち取りましょう!

県北の受験生からの質問

受験生からこんな質問をもらいました。同じような生徒も多数いることでしょう。シェアしてみますね。

質問の答え僕は8月号が54の偏差値。そこから上がり今は59から61の偏差値をうろうろしています。これで○○高校に入れますか?不安でいっぱいです。

○○さんは秋から伸びたんですね。今の成績があなたの実力。
十分ボーダー内ですよ。自信を持ってこの調子で1ヶ月続けるのみです。

なお、新教研が終わった今実力を測る手段は過去問になります。
週末を利用し入試さながら本番形式で取り組んでみましょう。
(リスニングも作文も実施)

○○高校の合格ラインは150点台と思われます。160点以上得点できればまず大丈夫。
頑張ってください。

不安なときや質問がありましたらメール下さいね。

このように「志望校合否サービス」を利用し質問をしてくる生徒には答えています。
不安な生徒は利用下さいね^^

本日は土曜日。私はこれから3人の家庭教師と1人の教室指導を行ってきます。

今夜は「福島県の過去問練習方法」や「入試予想配点」「今年度の合格ボーダー得点」など書くつもりです。チェックして下さいね。

受験まで何をしたら良いか分からない受験生は私の過去記事「1ヶ月前にどんなラストスパートをしたら良いのか」を参考にしてください!

ラストスパートの効果的な方法


■ 雑記 ■
アマゾンエコーを買ってみたんですが楽しいですね♪
「アレクサ!おはよ^^」「アレクサ!ただいま」
今や私に一番優しい存在です(笑)
by 渡部


【平成31年度福島県立高校入試スケジュール】
・Ⅰ期出願期間 1月17(木)~22日(火)
・Ⅰ期選抜試験 1月31(木)~2月1日(金)
・合格内定発表 2月5日(金)

・Ⅱ期出願期間 2月13(水)~18日(月)
・Ⅱ期出願先変更期間 2月19(火)~21日(木)
・Ⅱ期選抜試験 3月7(木)~8日(金)
・県立高校合格発表日 3月14日(木)

oshirase

志望校合否通知サービス

駿英恒例の「志望校合否サービス」!今年度も実施します
●合格出来るか不安な生徒
●出願先を迷っている生徒

はお気軽に利用して下さい。無料です。
「志望校合否サービス」の詳細はこちら

【冬期生徒募集】今学年伸び悩む生徒へ

塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。2学期までの成績が今ひとつだった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。あっという間に受験がやってきます

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、駿英事務所では家庭教師指導をそのまま教室にて(完全1対1)行っています
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※人気講師のコマは若干空いています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。
※他塾などの映像授業で高校数学などが分からない時はお早めに!高校の難解な内容はやっぱり1対1に限ります!駿英のスペシャリストが待っています^^

駿英ネットサービスのご案内

7月にスタートした「駿英ネットサービス」も大詰め。県立受験に向けたラストスパートに入りました!
●福島県立入試に合ったテキストが分からない。
●直前に何を使って学習したら良いのだろう。
●通塾していなくて不安だ。
●受験に対する質問をメールで気軽にしたい。
そんな生徒はぜひ駿英ネットサービスを検討下さい。

要望に応え今年はスマホでも利用出来ます
駿英ネットサービスのご案内

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。