福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

多くの地域で、今日、明日から臨時休校になります。
受験週でナーバスになっているのに受験生は試練です。

何でもポジティブに考えるのが一番。追いこみ学習が出来る時間が増えたと捉え、3月4日に狙いを集中して下さい^^

一昨年から受験2日前は「マメ予想」を行ってきました。もちろん今回は「マメ予想」の記事になります。

今回もマメ予想の内容は

●社会 基本的人権
●理科 化学式


になります。

マジに1点が合否を左右するときがあります。マメもバカになりません。出題の傾向を掴み正解をゲットして下さい。

昨年付録として伝説問題をピックアップしました。あ、伝説問題とは正答率0%の問題。つまり県内で当たった人が皆無だったんです。

県内にも天才はいます。さすがに正解率0%の問題は滅多に無いため伝説問題と名付けたんですが、なんと昨年も0%の問題が^^;

今回は伝説の0%問題2問を取り上げてみます。自称「数学の達人」はお試しあれ!

生徒の予想から

受験生から予想をつのりました。正直数人しか反応がなかったんですが、皆さんに共通しているのが「地震」でした!私も地震は予想しており苦手な人は復習しておいて下さい。

地震の問題には計算も記述式もあります。「地震発生時間」や「震源地からの距離」などは一般的な問題ですが「緊急地震速報から何秒後に揺れが起こるか?」は練習しておかないとすぐには求め方が出てきません。練習しておいて下さい。

記述式では「海洋プレート、大陸プレートを踏まえて地震の起こる理由を説明させる問題」「震源の深さの問題」など一通り覚えておきましょう。

あ、社会で「東京オリンピックにちなんだ問題が出るのでは?」と鋭い予想をした生徒がいました。確かに匂いますね^^
前回の東京オリンピックにちなんだ問題は想定しておきましょう。
高度経済成長、3Cなど

【令和2年】直前マメ予想!

公民で「人権」の問題が出る!

入試問題は良く出来ています。大問6問の中に中学校で学習してきた重要語句が入っているんです。しかし毎年問題をやっていると福島県の問題作成者が「絶対に押さえて欲しい!」という問題が見えてきます。

その一つが公民分野の「基本的人権」でした。ほぼ毎年出題されています。過去11年の「人権」の出題をまとめてみましたのでご覧下さい。

「人権」の出題まとめ

平成310年度
・啓蒙思想家:ルソー「社会契約論」

平成30年度
・自由権

平成29年度
・平等権

平成28年度
・新しい人権:プライバシーの権利

平成27年度
・憲法13条より:基本的人権 個人の尊重 

平成26年度
・新しい人権:インフォームドコンセント

平成25年度
・自由権

平成24年度
・社会権:憲法25条からの出題

平成23年度(2問)
・自由権:経済活動の自由
・社会権

平成22年度
選挙権

平成21年度
平等権:男女雇用機会均等法から

過去11年の「基本的人権」の出題は上記の通り。素直に「基本的人権」から出題されると予想していたが昨年は啓蒙思想家「ルソー」が出た^^; 今年は平常の基本的人権に戻ると予想しているのだが…。

基本的人権の傾向と予想

今年も「人権」の問題が出されると予想。
ここ8年は
自由権⇒新しい人権⇒基本的人権の尊重⇒新しい人権⇒平等権⇒自由権⇒※啓蒙思想「ルソー」
という順番。
※昨年度は例外的だがそこは大目に見て下さい(笑)

今年は日本の基本的人権に戻り
●新しい人権
●社会権

が出るのではと予想している。人権はもう一度復習しておこう!

ここもチェック!

福島県の社会では歴史and公民で「選挙の問題」が良く出題される。ここは記述式になることが多く配点も高い。下記の選挙権は要チェック!
※昨年度は参議院総選挙のしくみが出た。(3年ごとに定期的に選挙が行われる理由を書きなさい)

良く出る選挙権の拡大と交付年
・1889年 直接国税15円以上納める25歳以上の男子
・1920年 直接国税3円以上納める25歳以上の男子
・1925年 25歳以上の男子(男子普通選挙)
・1945年 20歳以上の男女(男女普通選挙)

化学式・イオン式の予想

次は「理科」のマメ予想です。化学分野では化学式やイオン式が毎年のように出題されます。昨年度は2問出題。マメ予想も役に立ったのではと思っています^^

では過去に出題された化学式、イオン式、化学反応式をご覧下さい。

過去に出題された「化学式・イオン式」

平成31年度
「鉄と硫黄の化合」
●Fe+S→FeS
「硫酸と水酸化バリウムの反応で出来た物質の陰イオン」
●Baso4 2-

平成30年度
出題なし

平成29年度
「中和:硫酸と水酸化バリウムの反応」
●H2SO4+Ba(OH)2→BaSO4+2H2O

平成28年度
「中和:水素イオンと水酸化物イオンが結びついてできた物質は?」
●水 H2O

平成27年度
「電池:溶け出した亜鉛板」
●亜鉛イオンZn2+

平成26年度
化学式は出題されず

平成25年度
「分解:水の電気分解」
●2H2O→2H2+O2

平成24年度 
化学式は出題されず

平成23年度
「金属と酸の反応」
●マグネシウムイオン Mg2+

平成22年度
「塩酸と石灰石の反応」
●二酸化炭素CO2

平成21年度 
「中和:塩酸と水酸化ナトリウム
の反応でできる物質」
●塩化ナトリウムNaCl

平成20年度
「二酸化炭素が発生する化学反応式」
●C+O2→CO2

【直前】ここは押さえておくべし

今年こそ中和反応が大問で出るのではと予想している。覚えて欲しい中和反応&化合&分解は次の通り。ここでは省略したが電離式も忘れず復習しておこう!昨年は硫酸イオンが出ました^^

●塩酸+水酸化ナトリウム→塩化ナトリウム+水頻出
HCl+NaOH → NaCl+H2O

●硝酸+水酸化カリウム水溶液→硝酸カリウム+水出る予感
NaHCO3 + HCl → NaCl + H2O + CO2

●硫酸+水酸化ナトリウム→硫酸ナトリウム+水
H2SO4 +2NaOH → Na2SO4 +2H2O

●硫酸+水酸化バリウム→硫酸バリウム+水押さえる
H2SO4 +Ba(OH)2 → BaSO4+2H2O

●酸化銀→銀+酸素押さえる
2Ag2O →4Ag+O2

●炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素良く出る
2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O +CO2

●炭酸水素ナトリウム+塩酸→塩化ナトリウム+水+二酸化炭素出る予感
NaHCO3 + HCl → NaCl + H2O + CO2

●マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム
2Mg+O2 →2MgO

【付録】正解率0%の伝説問題

昨年、伝説の問題として正答率0%の問題を紹介しました。どこの問題・教科なのかは予想が付くと思います。そうです数学の最後の問題です。

常に数学最後の問題は正答率が一番低いです。時間無制限なら解ける人もいると思いますが50分の中で最後のあの問題を解くのは至難の業。しかし毎年予想の斜め上を行く天才はいるもの。数名は当たるんですね。

調べてみると正解率0%の問題が希に存在するんです。昨年はそんな伝説的な問題を紹介しました。驚く受験生も多かったんですが、なんと昨年の最後の問題も0%だったんです^^;

今回はそんな0%の伝説問題を2題取り上げてみます。

レジェンド2題はこの年!
●平成22年の数学の最後の問題(空間図形)
●平成31年の数学の最後の問題(空間図形)

みんなから「数学の神」と言われている生徒はぜひチャレンジください!
(解答は下記の雑記にアップしておきます)

やってみると言うほど難しい問題ではないです。正解率0%の理由はその前の関数問題が面倒で難しく、空間図形を取り組む時間がなくなってしまったからでしょうね。

正答率0%の問題1

0%問題
【平成22年の「数学」最後の問題】

正答率は(1)53.7% (2)13.4% (3)0%でした。

正答率0%の問題2

0%問題
【平成31年の「数学」最後の問題】

正答率は(1)69.5% (2)8.2%(3)0% でした。


■ 雑記 ■

長い長い受験勉強もあと二日で終わりです。ここからは短期記憶がものをいいます。まだまだ数点伸ばせます。
お勧めは社会や理科の教科書んぽ全読&許可書に出てきた英単語の全復習!試験中にやっておいて良かったと思うはずです^^

by 渡部


【数学解答】
●平成22年度

●平成31年度


oshirase

【新年度生徒募集】!春は学習方法を見直すとき!

新学年の生徒募集中です。駿英は教室でも1対1の指導。口コミで先生の時間割が埋まってきております。特に高校生の指導人数は限られています。まずはご相談ください。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●学校のテキストで学習するから評判の良い高校数学
●古文、物理などスペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

「お問合せや質問・相談」はこちらから

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。