福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

予告通り、県立高校最終倍率に関しての記事になります。

倍率が出そろい、「もうすぐ受験なんだ」と実感してしまい不安になっている生徒も多いようです。

受験は自分との戦い。ここからは精神力が試されます。ラスト2週間を再度プランニングし最後の準備へと入りましょう。まだ5点は伸びます^^

毎年受験生にメチャ好評の「5点アップシリーズ」を今年もやりますので楽しみにお待ち下さい^^

どうしても不安な生徒、受験のことで質問がある生徒はメール下さい。「合否サービス」も受験前日までやっています。
「質問&相談」フォーム
「志望校合否データ」請求フォーム(メール用)
「志望校合否データ」請求(LINE用)

【令和2年】福島県前期選抜 高倍率高校と出願先変更が目立った高校

学区ごとに「特色選抜倍率」「一般選抜倍率」「出願先変更数」をマジマジと眺め、傾向や感じたことをまとめてみましたのでご覧下さい。

今年は予想通り、定員が減った進学校の影響が大きく県北や県中の進学校は厳しい倍率が目立ちました。高校をあげると次の4校です。

・福島東(1.42倍)
・福島西(1.65倍)
・郡山(1.44倍)
・郡山東(1.42倍)

で、今年の穴場的な高校
・福島(普通):1.02倍
・福島南(文理):1.03倍
・須賀川桐陽(普通):0.93倍

でした。

県内トップクラスの福島高校が1.02倍、常に人気の福島南(文理科)が1.03倍なんて私にはサプライズでした。

現在中学2年生へのアドバイスですが、今年の倍率傾向は来年度に関わってきます。例えば今年異常に倍率が高い高校・学科は来年度は落ち着く傾向にあります。参考にして下さい^^

県北学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県北の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「県北学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・福島西(デザイン科学)⇒2.22倍
・福島商業(経営ビジネス)⇒1.44倍
・福島(普通科)⇒1.43倍
・福島東(普通科)⇒1.42倍

一般受験の高倍率
・福島西(普通科)⇒1.62倍
・福島商業(会計ビジネス)⇒1.52倍
・福島商業(情報ビジネス)⇒1.50倍
・福島工業(建築)⇒1.43倍
・福島西(デザイン科学)⇒1.41倍
・福島南(情報会計)⇒1.40倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・橘(普通科)⇒14人減少
・福島西(普通科)⇒11人減少
・安達(普通科)⇒9人増加
・福島南(国際文化)⇒5人増加
・福島工業(機械)⇒5人減少
・福島(普通科)⇒4人増加

今年の傾向
今年の県北は昨年激戦だった地域1、2位の進学校である福島高校(1.02倍)、橘高校(1.16倍)が緩い倍率。反対に福島東(1.42倍)、福島西普通科(1.65倍)が超激戦
実業系では福島商業が目立つ。情報ビジネス(1.50倍)、経営ビジネス(1.35倍)会計ビジネス(1.52倍)と全ての学科が高倍率。超厳しい受験だ。
今年の穴場は福島高校(1.02倍)と福島南文理科(1.03倍)。ラッキーである。

県中学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県中の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「県中学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・郡山(普通科)⇒1.75倍
・郡山(英語科)⇒1.63倍
・郡山北(建築)⇒1.69倍
・郡山北(情報技術)⇒1.56倍
・郡山東(普通科)⇒1.47倍
・郡山商業(流通経済)⇒1.44倍

一般受験の高倍率
・郡山(普通科)⇒1.44倍
・郡山東(普通科)⇒1.42倍
・安積黎明(普通科)⇒1.40倍
・郡山北(建築)⇒1.38倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・郡山(普通科)⇒19人減少
・郡山商業(流通経済)⇒6人減少
・郡山商業(会計)⇒5人増加
・あさか開成(国際科学)⇒5人増加
・岩瀬農業(環境工学)⇒5人減少

今年の傾向
郡山の人気3校が定員減のため今年は厳しいことを予想…。ふたを開けてみると安積黎明(1.40倍)、郡山東(1.42倍)、郡山普通科(1.44倍)と予想通りの高倍率。緩いのは安積(1.13倍)だけだった。今年の県中地区進学校は非常に厳しい
実業系では昨年あり得ないほど高かった郡山商業が通常に(厳しいが)。
今年の穴場は須賀川桐陽普通科の0.93倍。昨年よりボーダーは下がる。

県南学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県南の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「県南学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・白河実業(電気)⇒3.00倍
・白河(普通科)⇒1.68倍
・光南(総合学科)⇒1.30倍

一般受験の高倍率
高倍率の高校なし
※今年の白河は1.1倍以上がないという結果

出願先変更(一般)が目立った高校
・白河(普通科)⇒6人減少
・白河実業(情報ビジネス)⇒6人増加

今年の傾向
特色選抜で倍率の高い白河高校や白河実業電気科も一般選抜では約1倍。全体を見渡しても凪状態の倍率
昨年も書いたが、県南地区は中学校の連携が密に取れており、上手に進路指導が行われていると感心する。
定員割れの高校が多く来年は見直しが行われそうだ。

いわき学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

いわき学区の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「いわき学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・勿来工業(電気)⇒3.00倍
・勿来工業(建築)⇒2.50倍
・磐城桜が丘(普通科)⇒2.13倍
・勿来工業(機械)⇒2.00倍
・勿来工業(工業化学)⇒1.50倍
・磐城農業(生活科学)⇒1.42倍
・磐城(普通科)⇒1.36倍

一般受験の高倍率
・平工業(情報工学)⇒1.67倍
・平工業(電気工学)⇒1.39倍
・磐城農業(園芸)⇒1.39倍
・磐城桜が丘(普通科)⇒1.28倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・磐城桜が丘(普通科)⇒6人増加
・磐城高校(普通科)⇒4人減少
・勿来工業(電気)⇒4人減少

今年の傾向
今年の磐城高校(1.16倍)と昨年(1.03倍)のようにはならなかった。磐城桜ヶ丘は1.28倍の高倍率。やや厳しい受験になる。意外だったのは常に高倍率のいわき光洋が1.18倍!今年は入りやすい。
いわき地区で驚いたのは勿来工業、平工業といった工業系の高校に人気があるということ。特に平工業情報工学(1.67倍)は狭き門。
いわき地区の場合、福島高専の存在も大きい。合格した生徒は受験を回避するため倍率は下がることになる。

会津学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

会津地区の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「会津学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
高倍率の高校なし

一般受験の高倍率
・若松商業(会計ビジネス)⇒1.58倍
・若松商業(情報ビジネス)⇒1.43倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・葵(普通科)⇒5人減少
・会津工業(機械)⇒11人減少
・会津工業(セラミック化学)⇒4人増加
・喜多方(普通科)⇒6人増加

今年の傾向
地域1、2の進学校である会津高校が1.09倍、葵高校が1.12倍。昨年より倍率が上がりやや厳しくなる。反対に会津学鳳が0.59倍と定員割れ。受験者が偏った形だ。
今年の実業系は会津工業が高倍率!4つの学科とも定員オーバーのためスライド合格も出来ない状況。
去年も書いたが、会津学区は中高一貫の「会津学鳳」の存在が大きい。駿英にも生徒がいるが中高一貫指導に成功、先取り学習が進み国公立大学受験を考える場合アドバンテージとなっているのだ。「中高一貫式指導」は今後増えていくだろう。

相双学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

相双地区の倍率&出願先変更一覧表
※今年の最終倍率はこちらです!
「相双学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
高倍率の高校なし

一般受験の高倍率
高倍率の高校なし

出願先変更(一般)が目立った高校
特になし

今年の傾向
進学校の相馬東理数科が1.10倍、原町高校が1.02倍という結果。他の高校は定員割れが目立った。
注目は「ふたば未来学園」の連携型選抜。スペシャリスト育成のため細かく分けて選抜し大学受験も結果を出している。今後も高校卒業後の進路に注目だ。


■ 雑記 ■
昨夜、YouTubeの前田日明チャンネルで見たニンニクたっぷりのペペロンチーノが美味そうで美味そうで…、さっそく作ってみようと計画。
「ニンニク食べて1対1の授業はダメだろ」
「いや、マスクしているから大丈夫じゃん」
と二人の自分が意見交換。

結局、ナポリタンにしました(笑)

by 渡部


oshirase

【3学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
今学年の成績がピリッとしなかった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。新年度に向け見直しが必要かもしれません!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、駿英桑野教室では家庭教師の授業をそのままの個別指導(完全1対1)を行っています。
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※新学年に向け人気講師のコマが空いてきています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。新学年の予約も受け付けます。
※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。