Warning: getimagesize(https://shunei.com/blog/wp-content/uploads/2016/06/syunblog250-110backgray.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/mazinger/shunei.com/public_html/blog/wp-content/themes/msx-03-190120/functions.php on line 1509
福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

福島県立高校の出願締め切りが明日になりました。締め切り後、すぐ倍率が出ます。いよいよです。

毎年、思いもよらない倍率になる高校もあり
●ラッキーな受験になる生徒
●過酷な受験になる生徒

と明暗が分かれます。

果たして今年はどうなのか?
私としては人気三校で定員減のあった郡山地区に注視しています。

さて、今回は過去問についてです。受験勉強にとって過去問の重要性は言わずもがな。駿英式勉強術でも毎年取り上げてきました。同じ記事を書いても仕方ないので、令和三年にアップデートして取り上げてみます^^

【無料】志望校合否データ配信サービス!

毎日数名の受験生から申し込みがあります。1次倍率を見て出願先変更に悩んだら、「志望校合否データ」の過去データも参考にしてみて下さい
しかし今年はLINEでの申し込みが多いです^^

お申し込みはこちらのページからどうぞ

【駿英流】入試過去問の実践的利用方法

受験までにやるべきこと

新教研2月号が終わると、目先の目標がなくなり「何をすれば良いのですか?」と質問する生徒が増えます。

●福島県立高校の入試過去問をやり倒す
●教科書を何度も読み直す
●模試の復習を徹底する
●苦手問題克服につとめる
●公立高校入試レベルの問題を実戦形式で実施する
●リスニング対策を定期的に行う

私はこの中から生徒の志望校、目標点などから判断しアドバイスします。
で、全ての受験生に必須なのが「福島県立高校の入試過去問をやり倒す」ことです。理想は5年分ですが、時間が無ければ3年分でも構いません。練習しまくって下さい。

過去問の賢い取り組み方

「過去問にどう取り組んだら良いのか?」ですが、私は本番形式でガチに取り組むことを推奨しています。

まず、目標点を設定しましょう。下記の「合格ボーダー得点予想」、または過去記事にある「リアル入試合格点」などを参考に設定下さい。

次に目標点と志望校を紙に書きましょう!私が生徒に書かせている表を参考に必ず書いて目立つところへ掲示して下さい。(プリントアウトが楽です。ダウンロードして下さい)

「入試過去問得点表」ダウンロード

目標を設定したらテスト開始です。

時間を守り(50分)、リスニングテストも作文も実施します。解答用紙が付いていればそれに書き込んで下さい。

で、テスト後は自己採点します。その得点で合格できたのかどうかを過去データを見て参考にします。

過去問二回目が大切!

過去問一回目で
●志望校合格への得点基準
●福島県立入試の特徴
●自分が足りない部分
●模試との違い

などを体感できたはずです。

そして過去問2回目に取りかかります。今度は通常の学習通りで構いません。解答・解説を見ながら取り組みます。

ここで注意して欲しいのは、全問やる必要はないということ!正答率を見て、自分レベルの問題にフォーカスを当て絞って取り組みましょう。150点で合格できるのに200点の勉強をすることはないということです。時間がもったいないです。

なお、「入試過去問」については以前の記事『入試過去問の効果的な取り組み方』をご覧下さい。

【重要】自己採点の仕方

入試過去問の自己採点は超重要です。甘い採点で合格点を突破してもそれは「不正確」です。もしかしたら合格ラインに全然足りていないのかもしれません。自己採点する際の注意点を挙げてみました。必ず守って下さい。

【自己採点の注意点】
①厳しくつけること
②記述式は安易に部分点を付けない
③漢字の間違いは×をつける
④作文も安易に満点を付けない
⑤過去問掲載の配点は絶対に使わない
⑥出来れば塾or家庭教師の先生に採点してもらう
⑦駿英の配点で採点し過去問採点表に記載する

【駿英式】入試予想配点(7年分)~正答率付き

福島県入試問題の配点は公にされません。だから予想するしかないのです。過去問にも配点が載っていますが全くあてになりません。それなら新教研を参考にした方が無難です。

駿英では生徒の合格得点や模試を参考に配点を予想してきました。厳しめですがだいたい入試本番同様な得点になります。駿英配点で採点することをお勧めします。

駿英では配点の他に「正答率」も付けています。入試の正答率はめちゃ参考になります。(一昨年の数学の最後の問題は0%、誰も正解者がいない問題ということです^^;)

予想配点及び正答率は次の通りです。7年分あります。市販の過去問は5年分までですが塾などに数年分の過去問がストックしてあるはずです。5年分をやってしまった受験生はコピーし取り組んでみましょう。

【予想】県立高校入試 合格ボーダー得点

倍率が分からないので暫定的ですが、令和3年の福島県立高校入試 合格ボーダー得点を予想してみました。(倍率が確定次第更新します)

過去問を取り組む際、目標点数設定の目安にして下さい。PDFでのダウンロードも可能です。

【令和3年】県立高校入試 ボーダー得点予想ダウンロード


■ 雑記 ■
明日、1次倍率が出たら、昨年と同じように前期の実質倍率出しますね。新教研2月号の結果もそろそろ出るのでその分析も急ぎます^^;
合格発表まで超忙しい1ヶ月になりますが体調に気をつけ頑張りましょう!

by 渡部


oshirase

【3学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
今学年の成績がピリッとしなかった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。新年度に向け見直しが必要かもしれません!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、駿英桑野教室では家庭教師の授業をそのままの個別指導(完全1対1)を行っています。
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※新学年に向け人気講師のコマが空いてきています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。新学年の予約も受け付けます。
※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。