福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

福島県立高校前期試験の最終倍率が出ましたね。
今年は新しい入試制度ということもあり不安な受験生&保護者が多かったのではと察しますが、蓋を開けてみたら一次倍率はどの学区もかなりの低倍率。
高い倍率は一部の進学校と人気の実業科という結果に…。

こういう時は出願先変更は静かなものです。実際、ゆるやか~な動きで終わりました。

今回の記事は「最終的な前期倍率」と「出願先変更人数」になります。

注意して欲しいのは大多数が受験する「一般倍率」です。新聞や教育委員会で発表している志願倍率は、その高校に志願している受験者数と定員で割り出した倍率になり一般選抜の倍率ではありません。

といいますのは、前期選抜は特色選抜から合格者を決め、不合格だった生徒は一般に回るんです。そのため、一般の定員も不定、一般に回る受験者数も不定なんですね。不確かな情報は流せませんので、曖昧な「志願倍率」という形で発表しているのです。

駿英は公な機関ではありませんので計算し推定の「一般倍率」を出してみました。こうすることで昨年までのⅡ期倍率と比較することが出来ます。

倍率について不安な生徒も多いようですので、後日記事にしてみますが、今回は学区ごとに倍率や出願先変更数を出してみましたので
●出願先の多かった高校
●高倍率の高校

を学区ごとに考察してみます。

どうしても不安な生徒、受験のことで質問がある生徒はメール下さい。「合否サービス」も受験前日までやっています。
「質問&相談」フォーム
「志望校合否データ」請求フォーム(メール用)
「志望校合否データ」請求(LINE用)

【令和2年】福島県前期選抜 高倍率高校と出願先変更が目立った高校

学区毎に「特色選抜の高倍率高校」「一般選抜の高倍率」と「出願先変更の変動が目立った高校」をまとめ、今年度の傾向を分析してみました。

一般選抜の高倍率は特色選抜の動向を踏まえ算出した数字です。特色選抜で何人合格者を出すかで数字は変わってきますのであくまで想定倍率として利用して下さい。

今年の倍率傾向は来年度に関わってきます。例えば今年異常に倍率が高い高校・学科は来年度は落ち着く傾向にあります。中学2年生は来年が受験。参考にして下さいね^^

県北学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県北の倍率&出願先変更一覧表
※まずはこちらをご覧下さい!
「県北学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・福島(普通科)⇒1.93倍
・福島南(情報会計)⇒1.70倍
・二本松工業(都市システム)⇒1.67倍
・福島西(普通科)⇒1.50倍

一般受験の高倍率
・橘(普通科)⇒1.33倍
・福島工業(建築)⇒1.35倍
・福島商業(経営ビジネス)⇒1.29倍
・福島(普通科)⇒1.26倍
・福島西(普通科)⇒1.22倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・福島(普通科)⇒11人減少
・福島商業(経営ビジネス)⇒4人減少
・福島西(普通科)⇒4人減少
・福島東(普通科)⇒8人増加

今年の傾向
例年、福島西(普通)や福島南(文理)が高倍率なのだが、今年度は福島高校や橘高校という地域1、2位の進学校が激戦。特に福島高校は特色選抜の倍率が高く出願先変更で福島東(普通科)に流れたが高倍率は変わらない。
今年の穴場はいつも高倍率の福島南(文理)の一般選抜(1.00倍)だった。

県中学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県中の倍率&出願先変更一覧表
※まずはこちらをご覧下さい!
「県中学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・郡山(英語科)⇒2.13倍
・郡山(普通科)⇒1.92倍
・郡山東(普通科)⇒1.50倍

一般受験の高倍率
・郡山(普通科)⇒1.45倍
・安積(普通科)⇒1.30倍
・安積黎明(普通科)⇒1.27倍
・郡山商業(流通経済)⇒1.26倍
・清陵情報(情報会計)⇒1.26倍
・郡山(英語科)⇒1.22倍
・郡山北(建築)⇒1.21倍
・須賀川桐陽(普通科)⇒1.20倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・安積(普通科)⇒9人減少
・郡山(普通科)⇒5人減少
・郡山東(普通科)⇒4人増加
・清陵情報(情報処理)⇒4人増加

今年の傾向
全体的に他の学区に比べると倍率は高いが、例年と比べるとかなり低い傾向。
昨年度は安積黎明(普通)や郡山東(普通)が高く、安積(普通)と郡山(普通)はそれほどではなかったが、今年は逆転した。
特に郡山高校は特色選抜、一般選抜ともに高倍率。県中地区では狭き門になっている
実業系の郡山商業や郡山北は例年高倍率だが今年は非常に低倍率。郡山商業のこんな倍率は正直見たことがない。
穴場は郡山東(普通科)の1.13倍。常にランキング上位の人気校。今年は異常なほど入りやすい。

県南学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

県南の倍率&出願先変更一覧表
※まずはこちらをご覧下さい!
「県南学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・白河(普通科)⇒1.48倍
・白河実業(機械)⇒2.00倍
・光南(総合学科)⇒1.43倍

一般受験の高倍率
・光南(総合学科)⇒1.18倍
・白河旭(普通科)⇒1.06倍

出願先変更(一般)が目立った高校
・白河旭(普通科)⇒7人減少
・白河実業(農業)⇒3人減少
・白河実業(情報ビジネス)⇒4人増加

今年の傾向
私の計算では一般選抜で1倍を超える高校が白河旭普通科(1.06倍)、光南総合学科(1.18倍)の2校のみ。いつも感心するのだが、県南地区は中学校の連携が密に取れており普通家系、実業系とも上手に分配されている。
ただ、定員割れの高校が多く、今後定員見直しが大幅に行われそうだ。

いわき学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

いわき学区の倍率&出願先変更一覧表
※まずはこちらをご覧下さい!

「いわき学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・磐城桜が丘(普通科)⇒2.13倍
・いわき光洋(文理)⇒1.43倍

一般受験の高倍率
・平工業(土木)⇒1.78倍
・平工業(情報工学)⇒1.68倍
・いわき光洋(文理)⇒1.49倍
・勿来工業(建築)⇒1.29倍
・磐城桜が丘(普通科)⇒1.25倍
・いわき海星(食品システム)⇒1.24倍
・勿来工業(工業化学)⇒1.21倍

出願先変更(一般)が目立った高校
磐城桜が丘(普通科)⇒8人減少
平工業(土木)⇒8人減少
平商業(流通ビジネス)⇒5人減少
磐城高校(普通科)⇒4人増加

今年の傾向
今年のサプライズは磐城高校の1.03倍!非常に広き門で、いわき学区一番の穴場となった。対して磐城桜が丘普通科(1.25倍)が高い倍率となった。しかし1.25倍は決して高倍率ではない。受験生は落ち着いて対処しよう^^;
高倍率で目立つのがいわき光洋文理科の1.49倍。いわき光洋は人気校だがここ数年では最も倍率が高い。来年もその傾向は続くだろう。また実業系に目を向けると工業系高校の特定学科に人気が集中している。
他の学区と比べいわき学区は「特色選抜」志願者が少なく特色を選んだ生徒は得をしたのではないだろうか。来年度はかなり増えると予想。

会津学区の倍率と傾向

【倍率&出願先変更と傾向】

会津の倍率&出願先変更一覧表
※まずはこちらをご覧下さい!

「会津学区」最終倍率&出願先変更数はこちら

特色選抜の高倍率
・会津学鳳(総合学科)⇒2.14倍
・若松商業(会計ビジネス)⇒1.47倍

一般受験の高倍率
・若松商業(会計ビジネス)⇒1.58倍
・会津工業(建築インテリア)⇒1.56倍
・若松商業(情報ビジネス)⇒1.43倍
・会津工業(セラミック化学)⇒1.38倍

出願先変更(一般)が目立った高校
会津工業(機械)⇒4人増加
会津工業(建築インテリア)⇒4人減少

今年の傾向
進学校の会津普通科が1.02倍、葵高校普通科が0.98倍と拍子抜けするような両校の倍率だった。昨年度も会津高校は定員割れ。今後大幅な定員見直しが計られそうだ。
驚いたのは若松商業の高倍率!二つの学科とも倍率が高く、スライド合格も出来ず超狭き門になっている。
近年の普通科の状況を考えると、中高一貫の「会津学鳳」の影響力を感じざるを得ない。会津エリアで長い目で国公立大学進学を考える場合、「会津学鳳」への中学受験を一番に考えるご家庭が多いのだろう。この傾向はますます強くなると考える。


■ 雑記 ■
疲れが取れません。甘酒飲んだり、黒酢を飲んだり、ビタミンEサプリを摂取したり、プロテインを飲んでいるのですが(笑)、効き目が薄いです^^; 良い睡眠を心がけようと思っても年のせいか早く目が覚め昼間はウトウト。
う~ん、受験が終わるまで体力を持たせなくては。頑張りましょう!

by 渡部


oshirase

【新年度生徒募集】!春は学習方法を見直すとき!

新学年の生徒募集中です。駿英は教室でも1対1の指導。口コミで先生の時間割が埋まってきております。特に高校生の指導人数は限られています。まずはご相談ください。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●学校のテキストで学習するから評判の良い高校数学
●古文、物理などスペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

「お問合せや質問・相談」はこちらから

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。