福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

 今日(2月13日)の新聞に、前期選抜の出願先変更状況が載っていましたね。
一般出願で大きく変動があったのは、橘が14名減の307名、福島西が10名減の236名、郡山の普通科が16名減で248名でした。

 出願先の変更は、15日までなので、まだ変更が予想されますが、受験生にとっては、ライバルが1人でも少ないほうがいいですよね。

 出願者数が増えたらどうしよう…といったことに限らず、受験が近づくにつれて、いろいろな不安が起きるかもしれませんが、そのときは、いったんそのことから目を背けて、問題を解くなどして、勉強に意識を集中することをお勧めします。別のことに集中しているときは、不安になる余裕がないですからね。

 それでは、コスパ学習の続きに入りましょう。

前回は簡単な直線のグラフでしたが、今回はもう少し直線を増やしてみましょう。

問題は2問です。面積や座標を考える問題ですが、問題3と4とでは、解き方が異なります。問題4では、相似な図形を利用して解いてみてください。

なぜ2通りの解き方をさせるかというと、問題の内容によっては、座標を利用するよりも、図形の相似比などを使って解いたほうが、はるかに楽なことが多いからです。

例えば、今回の新教研テスト2月号、大問6の(3)は、4本の直線の式をわざわざ求めなくとも、平行線と線分の比の考え方などを使えば、楽に求めることができますよ。

それでは問題です。それぞれの制限時間は10分です。


難易度は、
(1)星1個1
(2)①星2個2
(2)②星35個3.5
といったところですね。

問題3の解答はこちら。
(1)と(2)①

(2)②

難易度は
(1)星1個1
(2)①星2個2
(2)②星45個4.5
かな。最後の問題は時間がかかるかもしれませんね。

問題4の解答はこちらです。
(1)と(2)①

(2)②

問題3、問題4ともに最初の2問は難易度が低く、練習すれば必ず解けるコスパが高い問題なので、確実に解けるように練習しましょう!

次回は、放物線のグラフを取り上げる予定です。


■ 雑記 ■

問題を作成するとき、一応3問までとしているのですが、作りすぎたりもします。
今回出題した問題4は、最初5問でした。

本当は、最後の問題を「△AOEの面積をtを使って表す」としたかったのですが、そうすると制限時間の10分では解けないと思い、割愛しました。

この問題の解き方は数種類ありますが、問題4(2)②の解答を参考にすれば、楽に解けるはずです。

気になる方は、ぜひチャレンジしてみてください。

解答は、次回お知らせします。

by 金田


oshirase

【3学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
今学年の成績がピリッとしなかった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。新年度に向け見直しが必要かもしれません!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、駿英桑野教室では家庭教師の授業をそのままの個別指導(完全1対1)を行っています。
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※新学年に向け人気講師のコマが空いてきています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。新学年の予約も受け付けます。
※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^

この記事を書いた人

金田
金田 教務責任者

小中学生は全科目、高校生は数学・英語を中心に簿記までオールマイティに指導しています。何でも聞いてください^^

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。