福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

今朝、孫の救急車騒ぎがあり、午前中にアップしようと予定していた「入試の感想」が今になってしまいました^^; 急いで書いていきますね。

私、県立入試の問題は全教科解くのをノルマにしており、今年ももちろんやってみました。
●5点アップで書いた予想はどうだったか
●ここが狙われたのか!
●おやおや新傾向だな
●平均点はどうなるかな?

などいろいろと思うことがありました。

では、私なりに「令和4年度の福島県入試問題」の感想や難易、今年の平均点を予想してみますね

あ、「自己採点アンケート」募っていますニックネーム、受験校、得点だけの簡単アンケートですのでご協力下さい!

自己採点のアンケートはこちらです!

前期選抜の発表は3月14日(月)。発表まで10日あります。長いですね~
今後このブログでは
●予想合格点
●過去の合格点

などを予定しています。参考にして下さい!

受験生へお願い

入試の得点や合否を教えて下さい!
来年の受験生に生きたデータとして伝えます。ぜひご協力お願いします!
後日、専用の得点フォームを作りますのでそれに記入して送って下さい。名前は聞きませんのでお気軽に参加下さい。

※入試得点を送っていただいた生徒には駿英ネットサービス(高校生用)のアクセス権を送ります。

【令和3年】入試ざっくり予想&感想

さっそくざっくり予想に入ります。

まず今年の難易ですが波乱を呼ぶような難問教科はありませんでした。そんな年は
「今年は易しかった」「いつも通りかな」「まあまあかな」と受験後は感じるんですが、自己採点してみると期待したような得点ではなく、急に焦りだしてしまいます^^; ま、入試は毎年こんなもんです。

今年で言えば模試や過去問と比べると次のように違いましたね。

●記述式問題が難しい(国語・英語)
●自分で考え書かせる問題が目立つ(理科・社会)
●出題パターンが少し変わった(英語・数学)

私も解く前は「昨年と同じで簡単だな」と感じましたが、取り組んで見ると「こりゃ今年の方が得点伸びないなという感想に変わりました。やはりいつもの高得点ゲットが難しい福島入試問題でした。

では私の体感ですが昨年と比較した「ざっくり感想」を書いてみます^^

【今年の入試問題と昨年度の比較】

・国語:昨年(27.0点)並み
・数学:昨年(24.2点)より難しい
・英語:昨年(23.2点)並みorちょい難しい
・理科:昨年(25.5点)より難しい
・社会:昨年(25.7点)より難しい
・全体:昨年(125.5点)より難しい

今年の平均点予想昨年より下がると予想し5教科合計の平均点は122~124点を予想!これが5教科やってみた私の感想です。

昨年より簡単と感じた教科はなく、昨年並みと感じたのも国語・英語ぐらいです。数学、理科、社会は確実に難しくなり平均点はけっこう下がると予想します。

注目
特に数学、理科、社会は受験生の勉強法で差が表れそうです。詳細は「教科ごとの感想」に書きます。

入試平均点が高い理由
福島県の問題は超基本問題も多く20点までは得点しやすいんです。だから平均点自体は模試より上がる傾向にあります。

しかし、高得点が難しいのも入試の特徴。だから進学校受験生の得点は模試より団子状態になってきます。おそらく今回もそうなるのではと考えます。

ちなみに過去33年間の入試平均点はこちらです。
過去33年の入試平均点

【令和4年】教科ごと入試予想平均点&感想

入試「国語」はどうだった?

国語 昨年の平均点27.0点

まずは韻文から。予想通り『俳句』からの出題。古典も『古文』単独の出題、文法は「動詞の活用」の選択問題だった。
小説問題は主人公が中学生で感情移入しやすく読みやすかった。注目の論説文は「言葉」がテーマ。難解なテーマではなく読みやすかった。今回の読解問題は「選択問題」「抜き出し問題」とも引っかけ問題が少なく、選択問題の正答率は上がりそうだ。だが記述問題はまとめるのが難しく正答率は低くなりそうだ。作文の出題傾向は昨年同様、資料を二つ読んで書く形式。

コメント:国語
毎度の韻文予想で俳句が出て一安心でした。小説問題は感情移入しやすくここの正答率は高そうですね。論説文も難解なテーマではなくカギは記述問題の出来次第。古文は解答が難しかったですね。短歌は例年通り。作文の出題傾向は昨年と同じ形式でした。全体的に見ると昨年並みといったところ。平均点は27点前後を予想します。

入試「数学」はどうだった?

数学 昨年の平均点24.2点

今年は9年ぶりに規則性の問題が出た。方程式の利用は長い文章問題!これらの問題に戸惑い時間を費やしてしまった生徒が多かった。ただし「関数の応用」「空間図形」は例年と比べ易しく模試並みレベル。満点も出そうだ。
ただし「関数の応用」は(1)で勘違いし全滅した生徒も多数いた^^; こんなところに入試における数学の怖さがある。

コメント:数学
前述したが意外な「規則性の問題」に戸惑い「連立方程式の文章問題」「図形の証明問題」で時間を費やしその後の「関数の応用」や「空間図形」で時間不足になってしまった生徒が多かった。
今回の「関数問題」&「空間図形」は最後の問題も超難問ではなく、時間があれば解ける問題。その辺りをどう対応出来たかが高得点の分かれ目になった。今年は大きな失敗はないが高得点が狙える数学だった。平均点は昨年より下がり平均点は21~22点を予想

入試「英語」はどうだった?

英語 昨年の平均点23.2点

今年の英語は読解問題で英作文が出たのが新傾向。来年はこれがスタンダードになるだろう。配点の高い長文読解問題を分析すると、今年の対話分は「仕事と家族の時間」、長文は「中学生のより良い地域づくり」がテーマ。単語、文法さえ理解していれば読みやすく選択問題も記述問題も答えやすかった。ただし、「小問」が例年より難しく、「英作文」は高難度。正答率はかなり低そう。今年も福島県の英語の特徴、出来る生徒と出来ない生徒の差が大きく開いただろう。

コメント:英語
昨年の平均点は23.2点と低かったが進学校受験者に限って言えばかなり得点は高かった今年の高得点のカギはズバリ英作文!
ある生徒より「私の中学校の英語教師は新教科書で英作文量が増えたから今年は英作文に力を入れよう」と出題を予感し英作文の練習をさせた学校もあったようだ。素晴らしい先生だ!
とにかく今年の問題はリスニング力、読解力、英作文の総合力が問われた。難易は昨年並みかやや難しく平均点は23点前後と予想

入試「理科」はどうだった?

理科 昨年の平均点25.5点

今年も理科の予想は冴えた。生物は「植物の分類」「減数分裂」地学は「岩石」「天気」化学は「溶解度」「化合」物理は「オームの法則」と全分野で的中!
今年も記述問題が多く、計算問題は5問。計算問題は全問簡単であり、理科で差を付けるには計算問題は外せない。

コメント:理科
最近、理科の平均点が高いが、今年は難化平均点は下がりそうだ
今まで理科といえば化学分野や計算問題の正答率が低かったが、今年は最も簡単なはずの「生物分野」が難しめ^^; あの問題を目にし、受験生は戸惑ったはず。
近年の入試理科は「良くある問題」が多かったので練習量と得点が比例していた感じだが、今年はテキストに無いような問題が多く(教科書には載っている)40点以上は激減するだろう平均点は昨年を下回り22~23点を予想

入試「社会」はどうだった?

社会 昨年の平均点25.7点

世界地理は注目としてあげた「正距方位図法」「時差」が的中!日本地理は微妙だが「中部・関東地方」的中!と今年も想定内の出題^^ 歴史の文化はちょい「鎌倉仏教も注意」と上げておいたから良しとして^^;「アルファベット略称:PKO」は的中した^^ マメ予想では基本的人権の「社会権」が的中。法律関係は男女共同参画社会基本法が出題され感謝された。個人的には選挙関係が出やすいとし「ドント式計算方法」を上げていたのが良かったかなと自画自賛^^

コメント:社会
社会と理科は受験勉強を裏切らない教科で、進学校受験者は高得点当たり前の教科となっていたが、今年は資料を読み取る問題、記述式問題が増え、単なる重要語暗記やテキストさえやればオッケーとは言えなくなった
資料や歴史の流れをを把握しているかがハイスコアの分岐点になった。今年の難易は昨年より難しいと考え平均点は24~25点か

「社会」高得点のカギ!
社会はとにかく教科書&ワーク(学校)を使った学習が一番。テキストや過去問は古い資料も多く、狙われる資料は最新のもの!とにかく重要語句を暗記し教科書を読み倒す。年号暗記し教科書をお音読!結局これが一番効きます^^

「社会」問題訂正がありました

社会で問題の訂正がありました。

●【該当問題】大問6(6)の問題。全員正解の対応。
詳細はこちらをご覧下さい。

確か3年前も理科で誤問題があって全員正解でした。ま、全員1点ゲットです。社会で0点はありませんね^^

 


■ 雑記 ■
今朝、孫を幼稚園に連れて行こうと娘の家に行くと1歳半の妹の方の様子が変!ぐったりし、徐々に意識も朦朧に。私も焦りまくり救急車を呼び・・・。今は大分落ち着きましたが胃腸炎からくる脱水症状、糖分不足が原因でした。
あんなちっちゃな腕に点滴するのは可哀想で可哀想で。春はい~っぱい公園に連れて行こう。

by 渡部


oshirase

【三学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
前期を振り返り成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの勉強で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

新年度の予約もやっています。駿英は家庭教師はもちろん教室もマンツーマン指導。対応人数に限りがあります。早いもの順です^^;ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

「質問&相談」フォーム

お問い合わせ(LINE公式)

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。