福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

合格発表が迫ってきました。

入試問題を自己採点し
●ヤバい、絶対ダメだ
●過去問と比べ○○点下がった

と悩んでいる生徒も多いはず。

毎日のように
「何点取れば合格出来ますか?」
「どうやって合格が決まるんですか?」
「内申点が悪いんですけど大丈夫ですか?」

など質問メールが届きます。

今回は、「今年のボーダーライン予想」「合否の決め方」と恒例になりました「実際の入試得点大公開」です。

入試の得点を教えてください!

来年も高校受験は続きます。来年の受験生のためにもあなたの受験の点数を教えてください!ニックネームの入力で構いませんのでご協力お願いします。

ブログに対する感想などありましたらメッセージに書き込んで下さいね^^

県立高校得点記入フォームはこちらです

※アンケートに答えていただいた生徒には期間限定ですが『高校1年生用駿英ネットサービス』へのアクセス権(ログイン情報)を後日送ります。進研模試などの過去問がダウンロード出来ます。希望者はメールアドレスも記入して下さいね。

今年の入試ボーダーラインは?

入試の合格点は
●問題の難しさ
●倍率

に大きく左右されます。

今のところ数値的なデータは何もありません。
受験生の感想、自己採点、入試問題の難しさで判断するしかありません。
駿英の先生達でも話し合いましたが今年の入試の特徴をまとめるとこんな感じでした。

今年の入試の特徴・合否の傾向

今年の入試は難しい部類。特に英語の難しさは飛び抜けていて、苦手な生徒だけでなくいつも高得点だった生徒にも高得点のハードルは高かった。

数学・理科・社会に関しては難問は少なかったものの、問題文が長く問題そのものを理解するのに時間がかかった。そのため入試問題に慣れていない生徒は必要以上に時間をかけ過ぎ失敗した生徒も多かった。

勉強時間を裏切らない理科・社会だが、単なる暗記に徹している生徒にはきつい問題が多く資料集などで理解を深めていた生徒とは明暗を分けた。

昨年と比較し200点以上の高得点はかなり少なかったと予想。進学校だけでなく全体的には8~10点近くボーダー得点を下げたと予想する。

過去10年を振り返ると6年前がとんでもなく難しかった年。そこまで難しくはないものの2番目に難しい年だったのではと推測。

こういう入試の場合、得点の差が付きにくくなる。6年前は正にそんな入試で、いつもの年以上に内申点が合否を左右させた。今年もそれに近くなるのではないか。

しかし、普段通りに得点をした生徒もいる。来年の受験も同じような問題になると予想しており、どんな受験勉強をしてきたのか研究し今後の参考にしたい。

今年の入試の特徴・合否の傾向を説明しましたが、今年のボーダーは下がります。どの位下がるかは一律ではありませんが5~10点は下がるでしょう。

駿英で作成した一般的な「入試合格ライン」を見てください。
完全版はこちらです。PDFファイルです。

福島県立高校の入試ボーダーライン【通常】

この「入試ボーダーライン予想」の得点は平均的な入試での予想ラインです。今年は5~10点下回ると考慮しこの表を見てください。

Ⅱ期受験での合格者の決め方

高校受験の合格は入試の得点だけで決まるわけではありません。
いまだに「安積高校は入試の得点で決まる」と信じている人もいますがそんなことはありません。

内申点&入試の得点で決まります。

ではどうやって合格者を決めるのかまとめましたので見てください。

まず、合否の決め方は私が予測して書いているのではありません。福島県の教育委員会で決め内容は公表されています。大事なところを抜粋しますね。

「平成30年度 福島県立高等学校 入学者選抜実施要項」15pから一部抜粋
①学力検査と調査書の比重を同等とする場合
学力検査と調査書の成績のいずれもが定員内にある者で、調査書の記載事項及び面接を実施した場合にはその結果に特に問題のない者を合格とします。
次に、その他の者については、学力検査の成績と調査書の記載事項及び面接を実施した場合にはその結果を十分に精査して、総合的に判定します。

お堅い文章ですので分かりやすくポイントを解説しますね。

(1)問題なく合格するケース

「入学者選抜実施要項」に
学力検査と調査書の成績のいずれもが定員内にある者で…問題ない者を合格とします。

と書いてありましたね。

これは、調査書においても順位付けを行い、定員内に入っているかどうかをチェックしているということなんですね。(調査書の点数化につきましては下に解説)

実は高校ではあらかじめ出願された生徒の調査書を195点満点に点数化し学力テスト同様に順番決めをしているんです。で、「定員内の生徒」「定員外の生徒」にブロック分けしています。

入学試験(250点満点)実施後はテストでの順位付けを速やかに行います。これも「定員内の生徒」「定員外の生徒」にブロック分けします。

どちらも定員内の生徒は問題なく合格となります。

(2)不合格が確定のケース

これは、調査書、学力テスト、ともに「定員外」のときです。
このケースは判定するまでもなく不合格です。

(3)判定会議にかけられるケース

悩ましいのははどちらかが「定員外」でどちらかが「定員内」の場合です。実施要項を見るとこんな記載になっていました。

「入学者選抜実施要項」
次に、その他の者については、学力検査の成績と調査書の記載事項及び面接を実施した場合にはその結果を十分に精査して、総合的に判定します。

つまり、学力テストと調査書を十分精査して総合的に高校で判断しなさいって事です。

その部分は年によって変わることもありますし校長先生の判断で決まることもあるでしょう。これは知る由もありません。

ただし、先輩達の結果などから

  • ○○高校は△△高校より学力テスト重視だ
  • ○○高校は内申点重視だ

など学校によって特徴がありますね。
ただし、近年は進学校でも内申点重視になってきたということ!
以前は安積高校などは実力重視で得点だけで決まっていましたが今はそんなことはありません。安積OBとしては寂しい傾向です。

例えば安積高校でこんな例がありました。

●155点で合格
●190点で不合格

もちろん学校によって「学力テスト」と「内申点」の比重は違うでしょうが、今はどの高校も内申点も考慮しながら総合的に合否を判定していると理解してください。

【調査書195点について】
国語、社会、数学、理科、英語の第1学年から第3学年の学年末評定の合計(25×3=75点)に音楽、美術、保健体育、技術・家庭の第1学年から第3学年の学年末評定の合計を2倍(20×3×2=120点)にしたものを加えて、195点満点とします。

【特別活動の記録55点】
一部の高校だが、調査書の「特別活動の記録」を55点数値化するようになった。今のところ県北中心だが来年度は増えると予想する。この「特別活動の記録」数値化、昔はどの高校も点数化していたものだ。数値化する場合は「調査書195点+特別活動の記録55点」で調査書は250点満点になる。

恒例の「マル秘 入試合格点数」

受験生が一番知りたい情報はズバリ実際の入試合格点!ですよね。「機密情報」と言いながら毎年載せていますが今年も載せちゃいます。ホント公開したくないんですよ^^;

下の得点は自己採点ではありません。合格発表後、高校で本人が聞いてきたリアルな入試得点になります。

不合格の得点は非常に少ないです。どうしても不合格した生徒が得点を聞きに行くことは…。ご理解を。

【平成29年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校普通科177点(合格)
・安積高校普通科186点(合格)
・安積高校普通科188点(合格)
・安積高校普通科188点(合格)
・安積高校普通科190点(合格)
・安積高校普通科191点(合格)
・安積高校普通科194点(合格)
・安積高校普通科195点(合格)
・安積高校普通科197点(合格)
・安積高校普通科202点(合格)
・安積高校普通科202点(合格)
・安積高校普通科214点(合格)
・安積高校普通科214点(合格)
・安積高校普通科223点(合格)
・安積黎明高校普通科169点(合格)
・安積黎明高校普通科172点(合格)
・安積黎明高校普通科173点(合格)
・安積黎明高校普通科162点(合格)
・安積黎明高校普通科186点(合格)
・郡山高校普通科145(不合格)
・郡山高校普通科150点(合格)
・郡山高校普通科158点(合格)
・郡山東高校普通科151点(合格)
・郡山東高校普通科170点(合格)
・郡山商業高校会計科141(不合格)
・郡山商業情報処理科143点(合格)
・須賀川桐陽高校普通科158点(合格)
・白河高校普通科146点(合格)
・白河高校普通科161点(合格)
・白河高校普通科178点(合格)
・白河旭高校普通科128点(合格)
・白河旭高校普通科134点(合格)
・福島高校普通科178点(合格)
・福島高校普通科185点(合格)
・福島高校普通科196点(合格)
・福島高校普通科196点(合格)
・福島高校普通科202点(合格)
・橘高校普通科155点(合格)
・橘高校普通科157点(合格)
・橘高校普通科159点(合格)
・橘高校普通科167点(合格)
・橘高校普通科174点(合格)
・橘高校普通科178点(合格)
・橘高校普通科178点(合格)
・橘高校普通科182点(合格)
・橘高校普通科186点(合格)
・橘高校普通科188点(合格)
・福島西高校数理科学120点(合格)
・福島西高校普通科130点(合格)
・福島西高校普通科135点(合格)
・福島西高校普通科147点(合格)
・福島東高校普通科168点(合格)
・福島東高校普通科173点(合格)
・福島南高校文理科145点(合格)
・福島南高校文理科138点(合格)
・福島工業高校建築科125点(合格)
・二本松工業都市システム科76点(合格)
・磐城高校普通科168点(合格)
・磐城高校普通科172点(合格)
・磐城高校普通科182点(合格)
・磐城高校普通科187点(合格)
・磐城高校普通科188点(合格)
・磐城高校普通科197点(合格)
・磐城高校普通科199点(合格)
・磐城桜ヶ丘高校普通科169点(合格)
・磐城桜ヶ丘高校普通科158点(合格)
・湯本高校普通科127点(合格)
・湯本高校普通科155点(合格)
・いわき光洋文理科152点(合格)
・いわき光洋文理科145点(合格)
・会津高校普通科178点(合格)
・会津高校普通科162点(合格)
・葵高校普通科160点(合格)
・葵高校普通科148点(合格)
・会津学鳳高校総合学科133点(合格)
・会津工業高校建築インテリア110点(合格)
・相馬高校普通科152(不合格)
・相馬高校理数科173点(合格)

【平成28年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校普通科206点(合格)
・安積高校普通科185点(合格)
・安積高校普通科189点(合格)
・安積高校普通科178点(不合格)
・安積黎明普通科185点(合格)
・安積黎明高校普通科164点(合格)
・安積黎明高校普通科157点(不合格)
・安積黎明高校普通科152点(不合格)
・郡山高校普通科160点(合格)
・郡山高校普通科165点(合格)
・郡山高校普通科146点(不合格)
・郡山高校英語科161点(合格)
・郡山東高校普通科153点(合格)
・郡山東高校普通科152点(合格)
・郡山商業流通経済科146点(合格)
・郡山北工業学校電子科152点(合格)
・郡山北工業学校電子科118点(不合格)
・福島高校普通科191点(合格)
・福島高校普通科194点(合格)
・福島高校普通科186点(合格)
・橘高校普通科169点(合格)
・橘高校普通科202点(合格)
・橘高校普通科187点(合格)
・福島東高校普通科166点(合格)
・福島東高校普通科180点(合格)
・福島南高校文理科142点(合格)
・福島南高校情報会計科145点(合格)
・福島南高校文理科142点(合格)
・会津高校普通科167点(合格)
・会津高校普通科175点(合格)
・会津高校普通科136点(不合格)
・葵高校普通科150点(合格)
・会津学鳳高校総合学科137点(合格)
・白河高校普通科165点(合格)
・白河高校普通科158点(合格)
・白河旭高校普通科141点(合格)
・白河旭高校普通科126点(合格)
・光南高校総合学科100点(合格)
・磐城高校普通科185点(合格)
・磐城高校普通科195点(合格)
・磐城高校普通科179点(合格)
・磐城桜が丘高校普通科152点(合格)
・磐城桜が丘高校普通科156点(合格)

【平成27年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校普通科197点(合格)
・安積高校普通科177点(合格)
・安積高校普通科214点(合格)
・安積黎明高校普通科174点(合格)
・安積黎明高校普通科170点(合格)
・郡山高校普通科168点(合格)
・郡山高校普通科159点(合格)
・郡山高校普通科144点(不合格)
・郡山東高校普通科164点(合格)
・郡山商業流通経済132点(合格)
・白河高校普通科152点(合格)
・白河旭高校普通科116点(合格)
・福島高校普通科198点(合格)
・橘高校普通科168点(合格)
・橘高校普通科165点(合格)
・福島東高校普通科164点(合格)
・福島南高校文理科156点(合格)
・福島西高校数理科142点(合格)
・磐城高校普通科182点(合格)
・磐城高校普通科188点(合格)
・勿来工業機械科96点(合格)
・会津高校普通科155点(合格)
・会津高校普通科134点(不合格)
・葵高校普通科136点(合格)

【平成26年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校185点(合格)
・安積高校187点(不合格)
・安積黎明高校212点(合格)
・安積黎明高校192点(合格)
・安積黎明高校172点(合格)
・郡山高校普通科174点(合格)
・郡山高校普通科155点(合格)
・郡山高校普通科145点(不合格)
・郡山東高校普通科152点(合格)
・郡山東高校普通科138点(不合格)
・福島高校189点(合格)
・福島高校185点(合格)
・橘高校162点(合格)
・福島東高校156点(合格)
・白河高校普通科162点(合格)
・磐城高校172点(合格)
・磐城高校168点(合格)
・いわき光洋155点(合格)

【平成25年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校185点(合格)
・安積黎明168点(合格)
・郡山高校普通科168点(合格)
・郡山東普通科142点(合格)
・郡山商業高校会計121点(合格)
・郡山北情報技術147点(合格)
・郡山北機械科131点(合格)
・福島高校172点(合格)
・橘高校188点(合格)
・福島東普通科145点(合格)
・会津高校普通科142点(合格)
・葵高校普通科142点(合格)
・清陵情報電子機械科135点(合格)
・磐城高校普通科166点(合格)
・いわき光洋高校145点(合格)
・白河高校理数科208点(合格)
・白河高校普通科156点(合格)
・郡山高校英語科132点(不合格)
・あさか開成134点(不合格)

【平成24年度県立高校試験Ⅱ期結果】
・安積高校166点(合格)
・安積黎明147点(合格)
・郡山高校普通科136点(合格)
・磐城高校普通科140点(合格)

引き続き不安な生徒は引き続きメッセージ下さい。
>>>メッセージはこちら<<<

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

おかげさまで「駿英ネットサービス」も今年で6年目。7月スタートの新教研テストに合わせ今年も開設しました!
●通塾していない。
●塾で新教研対策をしていない。
●実力テストや新教研の対策をしたい
そんな生徒はぜひサービス内容をご覧下さい!

要望に応え今年はスマホでも利用出来ます。今ならお得な値引きクーポンがついています^^

駿英ネットサービスのご案内

【夏期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。1学期の成績が今ひとつだった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、今年度より高校生だけでなく中学生の事務所指導(完全1対1)も始めました。
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※人気講師のコマは若干空いています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。
※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。