福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

家庭教師の授業をしていると、生徒や生徒のご両親から、よく聞かれる質問があります。ここでは、そのような質問に対しての答えを、「質問シリーズ」として、書いています。


今回は、問題集をやっても、テストではなかなか成績が上がらない生徒からの質問について考えてみます。

「問題集の使い方がわからないんですが・・・」

ほとんどの生徒は、勉強するときに問題集を使っていますよね。学校から配られたものや、家庭教師の教材など、たくさん使っている方もいるでしょう。

しかし、生徒の問題集を見せてもらって、話を生徒から聞いてみると、1回解いて、丸付けをしただけで終わり、そして、また別の問題集に取り組んで、1回解いて終わり、また別の問題集に・・・、という答えが一番多かった気がします。

ここで言いたいのは、

「問題集は、何度も解いたり、何度も見る!」

ということです。

問題を、解いたり見たりする回数は、その人によって異なりますが、こまめに見直して復習してみることが必要です。

具体的には、問題を解いたら、できた問題を〇、できなかった問題を×、ケアレスミスをしてしまった問題にを△、のようにチェックして、×や△の問題を何度も解く、または、テスト前に×と△の問題を重点的に解く、といった方法をすすめます。

でも、場合によっては、問題数が多すぎて、なかなか全部の問題を消化することができない、といったことも考えられます。

そのような場合は、無理に全部解こうとはせずに、ページ左側半分だけの問題だけ解くとか、★印のついた頻出問題だけやろうとか、でもいいのです。大切なのはそれを繰り返すこと

問題の数が多すぎて時間が取れない場合には、例えば1ページ全部の問題を2日かけて1回行うよりも、ページ左側部分だけを1日1回で2日続けて行うことをおすすめします。この場合は、同じ問題を繰り返し解くことになるので、2回目からは、かかる時間も少なくて済み、解き方もはやく覚えられるといったメリットがあります。

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

金田
金田 教務責任者

小中学生は全科目、高校生は数学・英語を中心に簿記までオールマイティに指導しています。何でも聞いてください^^

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。