福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

新教研もぎテストを、中3の生徒は今年度初めて受けたと思います。解答と照らし合わせてみて、結果はどうでしたか?

今回は、テストで緊張しすぎて、実力を発揮できずに終わってしまった生徒からの質問です。

「緊張して、テストが思うようにできませんでした。どうすればいいですか?」

新教研もぎテストに限らず、テスト本番というのは、時間が決められているために、じっくりと考える時間というのがなかなかとれません。ですから、緊張するのもわかります。

でも、本番で実力を発揮できないというのは、逆に考えれば、テストに対する対策が万全ではなかったからとも言えます。

対策はいろいろありますが、オススメするのは、過去問を使用する方法です。

過去問を解いてみて、聞かれる問題の内容、解く順番、大問ごとの時間配分などをあらかじめシミュレーションしておくこと。そうすれば想定外の問題が出されない限り、緊張の度合いも軽くなります。

ここで中学3年生の新教研7月号の数学を例に挙げてみます

私の場合、初めに大問1から3までで15分とります。次に連立方程式の大問4を7分とり、大問5の証明は、とりあえず後回しにし、大問6と7で合計18分とって、簡単と思われる方から先に行い、残り10分で大問5の証明と見直し、という順番&時間配分にします。時間が予定よりオーバーしそうなときは、あきらめて次の問題に移ります。

もちろん、これが絶対というわけではありません。一人一人の生徒の得意・不得意分野は異なるため、解く順番や時間配分は、よく検討する必要があります。

しかし、解き方の順番&時間配分を、あらかじめ決めておけば、時間の余裕と心の余裕が生まれますので、緊張が和らいで、本番に必ず強くなれます。

「どの問題から手を付けたら、速く解くことができるのだろうか?」
「時間配分をどのように進めればよいのだろうか?」

この2つを念頭において、過去問を解いてみてください。

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

金田
金田 教務責任者

小中学生は全科目、高校生は数学・英語を中心に簿記までオールマイティに指導しています。何でも聞いてください^^

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。