福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

今回は「【中学一年】新教研テスト8月号」のデータ分析になります。
中学1年生は中学生活の9分の1を終えたばかり。結果が良かった生徒も悪かった生徒も「まだまだこれから」です。参考程度に考えましょう。

とは言っても「偏差値」「志望校判定」が出る初めての模試。中1生は高校名を意識する初のテストでした^^;

  • 学区にどんな高校があるのか?
  • 高校別偏差値ランキング
  • ○○高校へは何点が必要なのか

そんな事を体感出来たのが一番の収穫だと考えます。

次回の新教研テストは冬休み(1月号)。次回は志望校や目標点なども明確にして、下記のアドバイスを信じて取り組んでみて下さい^^

ご相談などありましたらお気軽にメール下さい。
メールフォームはこちらです

【令和3年】新教研テスト8月号(中1)のデータ分析

「新教研テスト8月号(中1)」受験者数

1,796名 ※中3:6,557名、中2:2,911名

「新教研テスト8月号」平均点!

科目 中学1年 中学2年 中学3年
国語 27.8 26.2 23.8
数学 23.3 25.0 21.3
英語 27.4 28.8 20.4
理科 32.8 19.8 22.5
社会 24.4 20.1 23.2
合計 135.7 119.9 111.2

最高点と最低点

【最高点】247点
【最低点】15点

高得点者数

【220点以上】105名
【200点以上】373名

必要偏差値

科目 偏差値50 偏差値55 偏差値60 偏差値65 偏差値70
国語 28点 32.5点 36点 40.5点 45点
数学 24点 29点 34点 40点 45点
英語 28点 33点 39点 44点 49点
理科 33点 38点 43点 48点 -点
社会 25点 30点 35点 40点 45点
合計 136点 158点 179点 201点 222点

8月号の総評&1月号アドバイス

【令和3年】新教研テスト8月号の総評

中1の平均点は135.7点と当然なのですが全学年で圧倒的に高い平均点でした。最も平均点が高い教科は理科の32.8点と中3とは真逆な感じです。ま、理科や社会はまだ範囲が狭いため習ったばかりの問題しか出題されないからですね。

今回最も平均点が低かったのは数学の23.3点。模試における数学はどの学年も平均点は低く、数学攻略は受験のカギになってきます。これでも8月号は簡単な範囲でしたが1月号は「方程式の文章問題」「比例・反比例」と難易は上がってきます。過去問なので準備をして臨みましょう。

私が気になったのは英語でした。平均点こそ27.4点と高いのですが、高得点者と低得点の生徒が分かれてしまっていたのです。まだ中学の1/9が終わったばかり。この時期に平均点以下はまずいです。30点以下だった生徒は危機感を持って取り組んで下さい。まだまだ簡単な内容です。他の教科は何とかなりますので英語は踏ん張りましょう!

正答率を分析しよう!

新教研テストのHPで新教研テストの正答率を公表しています。
【中1】8月号新教研テストの正答率

これは役に立ちます!受験者は毎回確認する習慣をつけましょう。

●正答率が高いのに得点できなかった。
→ そこがあなたの弱点

●正答率が低いのに正解だった。
→ そこはあなたの得意分野

このように分析してみて下さい。
格段に自分への分析力が上がり成績に直結します!!

【中学一年 低かった正答率問題】
8月号の難問ベスト3はこれだった!まさか全て国語とは^^;

NO1⇒正答率14.6%【国語:大問1(5)15~20字で記述】
NO2⇒正答率16.3%【国語:大問1(4)①適した段落を選ぶ)
NO3⇒正答率17.0%【国語:大問3(4)詩の表現の四択問題

中1の「低い正答率」ベスト3は全て国語という中3では考えられない結果になりました。具体的には「解説文」や「詩」の問題でした。「解説文」の読解は練習が必要。練習し「解説文」読解のコツを掴みましょう。


 

次回の「新教研テスト(1月号)」アドバイス

今回初めて模試を経験し要領は掴んだはず。1月号も似たような問題傾向になります。「どうすればもっと得点できたのか?」何となく分かったはずです。それを覚えておいて下さい。私からは

●理科や社会は復習する(学校のワークでいい)
●過去問に取り組む
●志望校を決め目標点を設定する


これを必ず実戦しましょう。中1の場合、徹底した過去問練習で全く違う結果になります。あ、くどいですが英語が悪かった生徒は次回こそ挽回です! 

【駿英流】「志望校判定」の見方

S判定⇒トップクラス
A判定⇒上位での合格
B判定⇒中位での合格
C判定⇒下位での合格
D判定⇒ボーダーラインorもう少し必要
E判定⇒現時点では無理

C判定の生徒へ
下位ですが合格圏内にいます。志望校変更の必要はありません。ただしもう少し下がったら合否線上へ。あと数点上乗せです。安全圏に入れるよう頑張りましょう!

D判定の生徒へ
このままでは不合格。あと3~5の偏差値を上げる必要があります。志望校合格の厳しさ思い知り危機感を持って取り組み、次回の新教研は安全圏を目指しましょう。あ、今の時期は志望校変更を考えなくても良いです。

E判定の生徒へ
E判定の生徒は今のままでは厳しいです。勉強方法や学習環境を見直しましょう。怖いのはズルズル時間が過ぎてしまうこと。「1月号新教研テストでは必ずE判定から脱出する!」と早め早めの対策・準備です!志望校に入るため危機感を持って臨みましょう。


■ 雑記 ■
9月突入です。何故か9月(September)にちなんだ曲は古い曲も多く、みんなで「どんなのあったっけ?」と思い出しながらカラオケで歌ったものです。

・一風堂「すみれ September Love」
・太田裕美「9月の雨」
・竹内まりや「SEPTEMBER」
私が歌うのは決まってアース・ウィンド&ファイヤーの「September」でしたが(笑)
しかし、マスクなしでカラオケに行ける日はいつになるのでしょうか…

by 渡部


oshirase

駿英ネットサービスのご案内

今年で9年目の「駿英ネットサービス」で無駄のない受験勉強を!
●新教研テスト&実力テスト対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
力になります!「駿英ネットサービス」をご検討下さい^^

要望に応えスマホでも利用出来ます

駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
前期を振り返り成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの勉強で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。