福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

コロナ騒動で「今年度の受験は一体どうなるのだろう?」と不安でしたが、学校も再開され、来年3月に通常通り受験は行われそうです。

この駿英ブログも新しい年度として更新していきますので宜しくお願いします^^

さて、今週末の2020年7月4日(土)に「第1回新教研テスト」が実施されます。今回は会場模試は実施されず、自宅受験も有りという特殊な新教研ですが、新教研テストには変わりありません。例年通り全8回の新教研テストが行われます。中学3年生は「新教研テスト」&「実力テスト」を道しるべに、長~い受験勉強を進んで行きましょう。

今回は第1回新教研テストへ向けての記事になります。実は第1回の新教研が実力発揮が出来ずに終わる生徒が最も多いんです。出来る出来ないは仕方ないですが、実力発揮出来なかった試験ほど後悔するものはありません。

このブログを参考に現時点での力を発揮して下さい!

「第1回新教研テスト」の平均点を知っておくべし

新教研テストの平均点を知っておきましょう。まず、新教研テストは1教科50点満点、5教科250点満点で行われます。これは県立高校入試と同じです。ま、学校で「実力テスト」を受けていますので生徒は慣れていますよね。

では過去3年間の新教研テスト7月号の平均点をまとめてみましたのでご覧下さい。

2017年 2018年 2019年
国語 25.9点 26.8点 23.7点
数学 22.3点 21.0点 17.6点
英語 24.9点 19.3点 22.0点
理科 20.8点 18.0点 17.0点
社会 22.6点 21.4点 22.6点
合計 116.5点 106.5点 102.9点

さて、どのように感じましたか。改めてデータを見ると7月号の平均点はメチャ低い得点です^^; 

気になるのは合計得点の平均が116.5点⇒106.5点⇒102.9点と年々下がっていること。今年も100点台の低平均になりそうな予感です。

教科ごとに見ると理科、次に数学の低さが目立ちます。これは勉強不足もありますが、模試のような総合問題に慣れていないことが原因です。今年も理科、数学は平均点が低いと思われます。覚悟して臨んで下さい。

参考までに昨年度の「新教研テスト1月号」の平均点は約120点。問題に慣れ、実力発揮出来るようになると平均点は120点前後に落ち着きます。

ちなみに、全8回の新教研テストで最も問題自体が簡単なのは第1回新教研!結果も参考になりません。私は常々、志望校は第6回(12月号)~第8回で決めるようにアドバイスしています。受験勉強はこれから8ヶ月間続きます。今回の7月号は「受験勉強のはじめの一歩」と捉え楽に受験して下さい。

志望校と目標点を決めておくべし

新教研テストの場合、志望校を4校設定することが出来ます。当日になって焦って書かないよう今から決めておきましょう。

アドバイスですが、まだあなたの実力は未知数。遠慮せず「自分が行きたい学校から素直に書いてみましょう

「テスト結果」には志望校判定という項目があり、S判定からE判定まで無慈悲に判定されます^^; 現時点での自分の力を思い知りましょう。そして
●志望校まで何点足りないのか
●偏差値をいくつ上げないといけないのか
●どんな教科が弱いのか

次の新教研に向けプランニングし補強していきましょう。それが最も効率の良い受験勉強です。

目標点ですが、この表を参考に設定してみると良いでしょう。(昨年度用の表ですみません。来週中に来年度受験用の表にアップデートしますね^^;)

福島県公立高校ボーダー点数早見表 

かなり大ざっぱですが模試の目標点を書いておきます。こちらも参考に!

【ざっくり目標点】
●商業高校:110点~130点
●工業高校:100点~130点
●普通科進学校:140点~
●難関進学校:170~

今から出来る対策は

前述したように7月号の新教研は特殊です。初めてということで
●問題傾向が分からない
●時間配分で失敗した
●落としてはいけない問題でしくじった
など、問題慣れしていないためのミスが目立ちます。問題慣れ対策には「過去問練習」が1番です。

過去問をやっておけば
●長文にどれだけ時間をかけたらいいのか?
●作文はどんな感じなのか?
●理科の問題の特徴は
●古文の問題は?
●長文の長さは?

このような疑問を持たずに取り組むことが出来るのです。7月号はハッキリ言って塾などで対策した人が絶対的に有利なんです。それが分かっているので先週から過去問にとりくんでいる塾も多いでしょう。

※今回は定期試験と被っており、過去問に取り組んでいない塾も多いかも知れません。そんな時は過去問だけでも先生に頼んで入手して下さい未知の模試に何の情報もなく取り組むのは不利としか言いようがありません。

もし、過去問で対策したいときは「駿英ネットサービス」があります。思いっきり宣伝になってしまいますが、興味がある人はこちらをご覧ください。

【2021年受験用】駿英ネットサービスの詳細はこちら

今回はこの辺で終わります。もう少し書きたいことがあったので、明日は「新教研テスト7月号~教科別編」をアップします。ご期待下さい。


■ 雑記 ■
今日から7月。カレンダーを見る「7月24日スポーツの日」と見慣れない祭日が!調べてみるとオリンピックは延期になったが簡単に戻せないため2020年だけ
・海の日(7月第3月曜日)→7月23日(木)
・山の日(8月11日)→8月10日(月)
・スポーツの日(10月第2月曜日)→7月24日(金)
こんな祭日日程になるようです。

う~ん、海の日には必ず海に行くことをマイ行事にしていたのに今年は延期になりそうだ(泣)

by 渡部


oshirase

駿英ネットサービスのご案内

今年で8年目の「駿英ネットサービス」で無駄のない受験勉強を!
●新教研テスト対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
力になります!「駿英ネットサービス」をご検討下さい^^

要望に応えスマホでも利用出来ます

駿英ネットサービスのご案内

【夏季生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。特に今年度は効率学習が求められます。このままの勉強で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。予約も受け付け中です。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。