福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

平成28年2月5日は福島県立高校Ⅰ期選抜試験の内定者の発表日。
駿英の生徒からも合格の報告や残念だった報告も届きました。

受験前は
●受かったらラッキー
●もともとⅡ期を目指しているから落ちても大丈夫
●Ⅰ期ダメでも受験校は変わらない

など話していても、いざ不合格してしまうと程度は人により違いますが落ち込んでしまうんですよね。

中には
●勉強が手に付かない生徒
●志望校を落としてしまう生徒
●私立でいいやとあきらめてしまう生徒

も出てきてしまいます。

まだまだ中学生ですから挫折感を味わうのは仕方ありませんが、今年度の県立Ⅱ期選抜試験まであと28日。くよくよ悩む時間は残されていないのです。

・2月15~18日 県立Ⅱ期選抜出願期間
・2月19~23日 県立Ⅱ期出願先変更期間
・3月8~9日 福島県立高校Ⅱ期選抜試験
・3月14日(月)県立高校合格発表日

例年同じアドバイスになってしまいますが、今回はⅠ期試験を受験した生徒にエールを送りたいと思います。

joshikore11

その前に、先月から始めた「【無料】志望校合否通知サービス」ですが、毎日請求が届きます。感謝メールも頂き今年もやって良かったなと感じています。お気軽に利用下さい^^
また、質問などがあればコメント欄にご記入下さい。私も誠意を持ってお答えいたしますので!もちろん意気込みや感想でもいいですよ!

「合否通知サービス」を利用する場合、注意点があります。ドコモなど携帯で請求する場合、迷惑メール設定を確認して下さいね。通知はPCから送信します。せっかく送信してもメールが戻って来てしまいます^^;
※Gメールより送信いたします。設定をご確認下さい。

福島県立Ⅰ期選抜試験~合否の受け止め方

入試は点数を取れば合格という資格試験と違い定員が決められています。だから

・合格
・不合格

と明暗が分かれるのは当然です。県立Ⅰ期選抜試験はある意味自己推薦の試験。Ⅱ期試験より倍率も高く定員も少ない狭き門の試験なのです。

今回はそんなⅠ期選抜を受験した生徒へ、結果をどう受け止めればいいかについて、毎度なのですがアドバイスしますね。

内定した生徒へ

内定(合格)が確定した生徒は、数日間は解放し喜んで下さい。部活や学業を頑張った成果がそこにあるのですから。

特にスポーツで合格した生徒は部活動に参加し基礎力を作っておくことが必須です。春休みから厳しい高校の部活動が待ってますから。

内定者にこれだけは言っておきたいのですが、現時点で同じ実力でも、1ヶ月後、2期で合格した生徒に比べ実力差が出ます。この差は思っている以上に大きいものです。特に進学校へB推薦(スポーツ推薦)で合格した生徒はしっかりと勉強しておきましょう。高校へ入学したのはいいものの1学期から赤点地獄を味わう生徒を大勢見ていますよ(笑)

不合格だった生徒へ

Ⅰ期で内定がもらえなかった生徒は悔しいと思います。今はこんな心境の生徒も多いかと・・・。

●もうダメだ。志望校を落とす!
●落ち込んで勉強する気になれない
●内定者が羨ましくて仕方ない
●受験した高校が嫌になった

s-nayamiM

中学生にとって不合格は大きな試練です。しかし、もともと厳しい倍率だったのですから早く気持ちを切換えてⅡ期に向けて取り組みましょう。「受かったら儲けもん!」と受験した生徒は尚更です。

長年受験生を見てきた私からの見解ですが、『真の入試はⅡ期にある』ということです。全員が同じ問題を解き合否が出るという公平なⅡ期試験だからこそやりがいもありますし、志望校を勝ち取ったという達成感が生まれるんです。私も37年前の合格発表日を昨日のことのように覚えていますから。

そしてその経験が、大学受験や資格試験という険しい山に挑戦する際の武器になるんですね。入試まで1ヶ月と少し。まだまだやれることはたっぷりあります。短期記憶も生かせる期間。驚くほど伸びた生徒もいます。今は努力あるのみ!やりましょう!!

最後に私が昨年指導していた生徒の話を。この生徒、1期受験はA薦受験でダメ。その後1ヶ月頑張り、2期試験で合格。彼が合格後私に言ったことは次の通り。

「正直1期に淡い期待を抱いてました。でも落ちてからの1ヶ月で僕は伸びました。あのまま合格していたら数学や理科の応用問題が分からないで入学し、凄く苦労したと思います」

ちなみに、彼は今、高校の数学の先生を目指して高校生活をエンジョイしています。

『直前受験コース(家庭教師)』受付中!

駿英家庭教師学院では中3の受験生に対し直前まで家庭教師の受付をしております(現実的に2月20日までになります)。
先生は駿英の専属家庭教師。5教科指導できる先生だから何でも聞けます。直前だからこそ時間を大切に効率よく学習したいものです。「誰かに聞きたい」「いろいろな科目を見て欲しい」など塾には出来ないことが直前家庭教師の良いところです。あと数点で泣かないためにもご検討下さい。

※地区により派遣できない場所もございます。メールにてお問い合わせ下さい。すぐに対応します。

>>>お問い合わせフォームはこちら<<<

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。