福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

「福島県立入試」過去問の取り組み方その2になります。
前回、過去問は本番と同じ条件で取り組んでみると良いとお伝えしました。
今週からぜひ実戦してみてくださいね。

では今回は本番を想定し実戦した後の取り組み方について
詳しく解説します。

過去問に取り組んだあと、解答をします。
もちろんそれで構いません。
模範解答を見ながら解答して下さい。

その際、解答は厳しくつけること!

受験生を見てますと自分に甘い生徒が多すぎます。
漢字間違えや単語の綴りミスはもちろんですが
記述式の解答は厳しくつけてください。

受験校によりますが、
入試は合格と不合格を決める試験なのです。

そして解答するのはアルバイトではなく
高校教師なんです。

厳しく採点しますので部分点が貰えるなど思わず
採点に迷ったらバツを付けるように。

頼めるのなら塾の先生や学校の先生に頼んでみましょう。
もちろん家庭教師に頼んでもいいですよ^^

そして過去問についている配点を参考に
合計点数を出してみましょう!

☆☆入試の配点について☆☆

各高校に採点方法は委ねられています。気になる配点ですが3通りほどあるようです。標準配点・進学校用配点・基礎力重視配点などでしょうが、多くの高校は標準配点で採点しているとのことです。解答のさじ加減は分からないので、過去問についている配点で取りあえず解答してみてください。進学校を受験する生徒はその点数に10~15点をマイナスすると良いかもしれません。

それでは次回も「過去問の取り組み方」を引き続き話します。
志望校には何点で合格できるのかについて書く予定です。
お楽しみに!

by 渡部

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。