福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

入試まで約1ヶ月になりました。
新教研テスト2月号も終了しましたので
本番までの実戦形式のテストは学校での実力テストのみ。

まだ結果が出てない生徒
どれだけ伸びたのか不安な生徒
実際の入試を考えると不安な生徒

そんな生徒が大勢かと思います。

そんな不安を解消するのに一番有効なのが
入試の過去問演習です。

実際に出題された問題に取り組んで
志望校の合格点に達していると凄い自信になります。

私自身もそうでした。

そんな入試に必須の過去問ですが
取り組み方というものがあります。

土曜日や日曜日など時間が取れるときに5科目を本番のようにやってみるのです。
つまりテストの開始時間も、試験時間(50分)も、教科の順番も
当日と全く同じ条件で解いてみる
のです。

シュミレーションすることで本番の時間配分などに慣れることがきます。
例年、番狂わせで「どうしてあの子が落ちたんだろう?」という生徒が出てきます。

理由は本番に緊張し、焦ってしまい力が出し切れなかった
という生徒がほとんどです。

スポーツの世界でも同じですがシュミレーションは大切です。
受験する高校に下見に行って雰囲気を感じてきても良いでしょう。
本番のイメージンが掴めればオッケーです。
緊張する性格の人はそれだけでも大きく違いが出ますのでご参考に!

★★過去問の取り組み方★★
① 本番を意識して同じ条件下で取り組む
② 過去3年分はそんな実戦形式で取り組む
③ リスニングテスト・作文も必ずやること

◆お奨めの過去問 平成25年春受験用◆

(コメント)
過去問のシリーズもさまざま有りますが、実戦形式で取り組む場合は、問題用紙&答案用紙も本番そっくりな方が望ましいです。この過去問はプリント形式になっておりお奨めです。過去4年分の収録ですが十分でしょう。

それでは次回も「過去問の取り組み方」を引き続き話しますね。
解答の仕方や得点分析の方法について書く予定です。

by 渡部

oshirase

【3学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
今学年の成績がピリッとしなかった生徒はこのままで良いのか反省してみましょう。新年度に向け見直しが必要かもしれません!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

また、駿英桑野教室では家庭教師の授業をそのままの個別指導(完全1対1)を行っています。
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※新学年に向け人気講師のコマが空いてきています。興味のある生徒はお早めにお問い合わせ下さい。新学年の予約も受け付けます。
※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。