福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

新教研テスト11月号の平均点はメチャ低く、第3回実力テストの平均点は高かったですね。我が母校である郡山2中の実力テスト平均点が170点と公立なのにおったまげてしまいました。

このように県立入試の模試平均点は上下が激しいのですが、入試本番の平均点は果たしてどんなものでしょうか?

今回は福島県立高校入試の平均点を探っていきます。受験生はもちろん、現在中1、中2生徒も入試得点・特徴を知っておくことは有意義です。今から脳に刻んで下さい^^

志望校に悩んでいる生徒、成果が現れず勉強方法に悩んでいる生徒はお気軽にご相談下さい。
「質問&相談」フォーム

県立高校入試の平均点を深掘り

福島県入試の平均点や特徴を知っていますか?
新教研テストや実力テストの平均点は上下が激しいのですが、入試の平均点は安定しています。過去34年間の平均を見ても安定しています。

また、入試は模試と比べると高得点者が少なく、同じような得点に固まりやすいのが特徴。教科別に見ると国語の平均点が最も高く、数学の平均点が最も低い傾向にあります。

駿英ホームページでは平成元年から令和4年までの34年間の平均点を分析しています。
福島県県立高校入試 過去34年間の平均点

ブログでは10年間の平均点をピックアップし深掘りしてみます^^

福島県立高校入試 過去10年の平均点

過去10年の県立入試平均点は123点~131点と高めで安定していました。
では見ていきましょう。

※ 赤文字は22点未満の平均点 青は28点以上の平均点
※ 合計点の赤文字は120点未満の平均点 青は130点以上の平均点
※ 福島県公立高校一般入試は1教科50点満点、5教科合計250点満点

年度 国語 数学 英語 理科 社会 5教科
平成25年 28.9 22.5 25.9 20.6 25.4 123.4
平成26年 28.3 24.6 24.3 26.4 26.2 129.8
平成27年 25.6 23.8 26.3 28.4 25.2 129.2
平成28年 28.0 21.4 26.0 27.4 28.6 131.7
平成29年 24.7 24.9 24.3 29.0 25.5 128.3
平成30年 30.8 24.5 21.2 28.1 23.5 128.2
平成31年 28.0 22.6 26.4 26.7 27.5 131.2
令和2年 27.8 21.8 26.2 25.0 26.4 127.1
令和3年 27.0 24.2 23.2 25.5 25.7 125.5
令和4年 25.8 24.2 24.2 22.4 27.1 123.8

過去10年の期間には入試改革(令和2年)があり選抜方法が大きく変わりました
年度別平均点を見る場合、令和2年以前、令和2年以降とで区別して見るようにしましょう!

過去の入試データを深掘り

① 過去10年間の平均点

国語 数学 英語 理科 社会 5教科
27.5 23.5 24.8 26.0 26.1 127.8

② 新入試制度での平均点(令和2年~)

国語 数学 英語 理科 社会 5教科
26.9 23.4 24.5 24.3 26.4 125.5

③ 過去34年間の教科別平均点最高は?

国語 数学 英語 理科 社会 5教科
34.1
(平成16年)
26.4
(平成20年)
30.8
(平成7年)
28.8
(平成19年)
29.4
(平成22年)
137.3
(平成9年)

④ 過去34年間の教科別平均点最低は?

国語 数学 英語 理科 社会 5教科
24.2
(平成15年)
15.5
(平成5年)
20.6
(平成1年)
19.9
(平成17年)
21.3
(平成2年)
114.4
(平成5年)

過去9年間の福島県立入試「最高得点」

入試年度 最高得点
平成26年 232点
平成27年 226点
平成28年 233点
平成29年 237点
平成30年 236点
平成31年 227点
令和2年 232点
令和3年 237点
令和4年 233点

平均点データから分かること

平成25年度から令和4年までの10年間平均点は127.8点と高い平均点でした。

平均点が高かった原因…
●「数学」が比較的簡単だった。
●国語の平均点が安定して高かった。
●理社も勉強量に比例するようなオーソドックスな問題が多かった

これが平均点を底上げした理由です。

入試制度が変わった令和2年からは、難問教科はないものの平均点は下がり続け、昨年度は123.8点とかなり下がりました。

令和2年以降の平均点、実際は上がっている!

データだけ見ると令和2年「新入試制度」から平均点は下がっています。

「ヤバい!入試問題が難しくなっているよ~」
と嘆いている受験生も多いでしょうが、そんなことはありません!

むしろ新制度以降は進学校受験者の平均点はグッと上がっているんです。それは何故か?

それは旧受験制度なら1期選抜で内定をもらっていた生徒は一般入試を受験せずに済んだからです。

平成31年の福島県立高校入試を例に挙げると
●一般受験をした人数は約9,000人。
●Ⅰ期内定で一般受験しないで済んだ人数約4,700人。

つまり約35%が入試問題を受けなかったんです!

レベルの高い進学校は一般受験が大多数。この4,700人全員が一般入試を受験していたら平均点は変わっていました。ズバリ、平均点は大きく下がっていたはずなんです。

実際令和2年、3年の進学校受験者の平均点はかなり上がっています。たらればになってしまいますが、旧制度なら平均点は135点を優に超えていたのではと考えます。

県立高校入試の攻略法

福島県の高校入試は1教科50点満点の5教科勝負。受験生は5科目隔たりなく得点できるよう勉強しましょう。結局それが入試の必勝法です。

特に近年の進学校合格者の得点を見て感じるのは

①理科と社会の得点力が目立つ。
②極端な苦手教科がない。
③英語の得点力が高い

ということです。

特に理科や社会という勉強すれば上がる科目を「裏切らない教科」と命名しているのですが、偏差値の高い高校ほど「裏切らない教科」の得点が高いです。

令和4年県立入試問題では記述式問題、考えさせる問題が増えました。今後は①~③にプラスして
●記述式問題に強くなる
●配点を意識し取り組む

ことが倍率の高い高校を突破するカギとなります。以上のことを意識し効率よく受験勉強しましょう!

安積高校、会津高校は数学だけ傾斜配点を採用しています。特に安積の「数学配点」は鬼です^^; ま、数学出来る生徒を合格させたいのでしょう。安積や会津を目指す生徒は心して下さい^^

安積高校・会津高校の数学傾斜配点はこちら


■ 雑記 ■
食わず嫌いで見なかった「スーツ」を見始めたら、超面白くてどハマり!
私もマイク・ロスのような記憶力が欲しかった^^;

by 渡部


oshirase

【三学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
前期を振り返り成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの勉強で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

新年度の予約もやっています。駿英は家庭教師はもちろん教室もマンツーマン指導。対応人数に限りがあります。早いもの順です^^;ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

「質問&相談」フォーム

お問い合わせ(LINE公式)

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。