福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

新教研テスト1月号の結果が出ましたね。受験した生徒はいかがでしたか?

1月号の新教研テストは重要な意味合いを持つ模擬試験でした。冬休み後半に行われ十分な復習をする時間が有ったはずですので時間がなかったという言い訳は出来ません。受験者数も9653名と十分な人数です。時期的にも受験生の皆さんはこの結果を受け止め出願校を決定するようにして下さい。

それでは今回のデータをまとめてみましたのでご覧下さい。

2014年新教研テスト1月号データ

受験者数→ 9653名

(平均点)
●国語 27.0点[12月号 29.1点]
●数学 17.0点[12月号 20.4点]
●英語 25.0点[12月号 20.9点]
●理科 22.3点[12月号 24.1点]
●社会 25.8点[12月号 22.7点]
●5教科 117.1点[12月号 117.2点]

最高得点者→ 236点
最低点数→ 12点
200点以上→ 450人
150点以上→ 3286人

1月号の総評

1月号の平均点を見ると5教科平均は117点と12月号と比べ横ばいですが、受験生は難しいと感じたようです。それは数学や理科の問題に難問があり、戸惑ってしまったようですね。事実、数学の17点という平均点の低さが物語っています。今回の新教研は理系科目が難しく、英語・国語などの文系科目で得点できない生徒は苦戦してていました。

これって実際の福島県の入試と似ているんです。この傾向は入試では通常通り。だからこういう出題傾向の時を想定して得点するコツを掴まなければならないんですね。

→ 福島県立一般入試の平均点(過去25年分)

残す新教研テストは2月号のみ。気持ちよく入試を迎えるためにも、精一杯準備し入試本番を想定して臨みましょう!ちなみに2月号の新教研テストは、入試予想問題と謳っており、いつもの新教研と問題用紙や解答用紙の形式が違ってます。入試そっくりバージョンなんです^^ このブログで新教研対策についても触れていきますので参考に!

福島県立受験日までのカウントダウン
Ⅰ期選抜試験まで→ あと10日
Ⅱ期選抜試験まで→ あと45日

新教研の過去問を使って学習出来ない生徒へ

2月1日(土)は今年度最後の新教研テストですね。
駿英では会員向けに「駿英ネットサービス」というオンラインサービスを行い対策問題を提供しています。新教研テストの対策は過去問を使った勉強が一番。

そこで受験までの短い期間ですが「短期ネットサービス会員」を募集しています。その中で新教研対策集も提供しております。短期会費は3,000円です。受験用の対策プリントも予定しておりますので、通塾しておらず受験前で不安の生徒はご検討下さい。駿英ネットサービスの詳細はこちらをご覧下さい。
↓↓
駿英ネットサービスの案内

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

お待たせしました!「駿英ネットサービス」を今年も開設しました! お陰様で今年で7年目の駿英自慢のオンラインサービス。
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」をご検討下さい^^

要望に応えスマホでの利用も出来ます。今ならお得な値引きクーポンがついています^^

駿英ネットサービスのご案内

【夏期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの自分で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。