福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

平成26年2月19日に福島県立高校入試の出願が締め切られ一次倍率が出ました。
出願先変更が出来るので最終的な倍率はまだですが、今年度の傾向はおおよそ掴めます。

2014年福島県立高校入試2期倍率はこちら

【倍率について】

ここで倍率についてピンとこない生徒のために倍率を解説しますね。
それでは例をあげてみますね。

◆倍率の具体例
・1.2倍の倍率ですと12人受けて2人落ちるということ。つまり6人に1人不合格。
・1.5倍の倍率ですと15人受けて5人落ちるということ。つまり3人に1人不合格。
・1.8倍の倍率ですと18人受けて8人落ちるということ。つまり9人に4人不合格。

こうして見てみるとわかりやすいかと思います。1.2倍と1.5倍では大違いなんです!
1.8倍だと友達9人と受験した場合4人が不合格という確率なんですから。
とはいっても、9人全員合格する学校もあれば、9人受けて7人が不合格なんていう学校もありますので単純な確率で合否は語れませんが。

私の感覚になりますが
●1.15倍以下だと倍率は低い
●1.50倍以上だと倍率は高い
というイメージでとらえています。

そんな感じで倍率をご覧ください。

では具体的に今年度の高倍率の学校を見ていきます。

【平成26年度高倍率の高校】
・郡山商業情報処理科2.09倍
・福島南高校文理科2.06倍
・勿来工業建築科2.0倍

2倍以上はかなり高い倍率。
こちらの学校で出願した生徒は、成績次第ですが出願先変更の検討も必要かもしれません。

ここで最後の決断となります出願先変更について触れていきます。

出願先変更について

県立高校の二期試験に限って、一回のみ出願先の高校を変更することが出来ます
今年度の期限は2/24(月)迄ですから慌ただしいです。早く決断しなくてはなりません。

ここでアドバイスですが、本当は行きたかった学校・学科が思ったよりも低倍率になっている場合は積極的に動いた方が良いです。また、例年ありますが、穴場の学校・学科がある場合も検討した方が良いです。これは積極的な出願先変更です。

しかし、ダメ元で出願した生徒は悩ましいところです。家族や先生とも相談し自分で納得し決断してください。高校への最後の分岐点になるのですから。

以前「志望校を下げる基準」という記事の中で上げてみましたがこちらも参考にして下さい。

【志望校を下げる判断基準】※倍率が1.1倍を超える志望校の場合

● 志望校の基準偏差値に対し12月号新教研も1月号も2月号も5以上足りない生徒
● 志望校判定が12月・1月・2月ともにE判定
● 12月から1月2月と三回連続偏差値が下がり、1月号の志望校判定がE判定だった
● 私立を併願せず、1月号、2月号がどちらもD判定以下

例年の出願先変更の動きですが、よほど高倍率の学校で無い限り劇的に倍率が動くものではありません。
昨年度の二期の倍率を見て下さい。

平成25年度福島県立高校2期出願状況

出願先変更の人数は上記の表からわかります。こんな感じで計算下さい。
※クリックで表は拡大されます

出願先変更の計算

汚い印がありますが、我慢して表をご覧下さい。
出願先を変更した生徒は「一次志願者集」から「二次の志願者数」を引けば出てきます。
※黄色い印の部分です

◆昨年度の出願先変更人数の計算例
安積高校の場合:一次志願者は325名-二次志願者は321名= 4名が減少
安積黎明の場合:一次志願者は394名-二次志願者は392名= 2名が減少
郡山東の場合:一次志願者は351名-二次志願者は332名= 19名が減少
郡山(普通)の場合:一次志願者は313名-二次志願者は307名= 6名が減少

出願先変更を検討している生徒は、昨年度のデータを参考に「どの程度出願先変更の人数がいるのか」「その結果どの高校に流れているのか」を考慮し決断下さい。

あ、こちらのデータサービスも使って下さい。凄く参考になるはずです。無料ですがなんの魂胆もありませんから怖がらずご請求下さいね(笑)自分の偏差値で昨年度何人合格し、何人不合格だったのかを通知するメールサービスです。

【無料】志望校合否データメール通知サービスについて

二期の受験校が揺るぎない生徒は倍率に惑わされることなく、ラストスパート頑張って下さい!
普段の力を発揮すれば合格出来ますから。そのためにも最後の最後まで手を抜かずやるだけやることです。

★★【駿英提供】県立入試対策問題のお知らせ★★

『駿英ネットサービス』という会員サイトで入試対策問題を提供しています。
過去問を終えた方やラストスパート用のテキストを欲しい方にお奨めです。
短期会員は3,000円です。かなりの量の対策問題をダウンロードできます。
ラストスパートで悩んでいるご検討下さい。

nattokudekimasenS
>>>駿英ネットサービスの内容<<<

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。