福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

福島県立一般受験まで100日を切り、受験生は1日も無駄にしたくない心境でしょう。しかし、中学3年生と話をしてみると入試に直結しない時間を費やしているケースが多いんです

ちょっと気になりましたので今日はそのあたりのアドバイスをしたいと思います。

実戦的な受験勉強をしよう!

平成30年3月8日が福島県立高校2期入試です。刻々と迫るザ受験日…。
この時期になると、どんな受験生も勉強をします。すると、こんな疑問を抱く生徒が出てきます。

「勉強しても実力テストが全然上がらない」
「勉強しているのに偏差値が下がった」

自分の事かなってグサッと来た生徒もいたことでしょう。心当たりがあったら「効率悪い勉強をしている」と疑って下さい。入試の点数に直結した勉強をしていない可能性大です。予習復習・学校や塾の宿題…、普段の勉強をしている生徒は要注意!受験勉強は別物ですから。

通常のテスト(定期試験など)は範囲が決まっていて、ワークや単元テストや教科書の章末問題などから出題されます。つまり、テキスト選びや効率などほぼ関係なく、どれだけ範囲の内容丁寧に学習できるかが勝負!

しかし、受験には範囲がありません。どこからどんな問題が出題されるのか不明です。だから勉強するにもどんなテキストを使いどのように勉強したら分かりません

では入試の勉強法はどうやったら良いのか?ヒントは過去問や過去のデータになります。過去問を分析すれば出題傾向、問題数、難易、目標点などを知ることが出来るからです。過去問分析が難しかったら模試で代用しても構いません!

多くの受験生が受験している模試(新教研テスト・実力テスト)ですね。模試は福島県入試と一番似ているテストなのです。今まで受験した模試を取り出し、もう一度実戦さながらやってみましょう。そしてラスト3ヶ月の追い込み勉強への自己分析開始です。

模試の再度チャレンジは時間を決め本番のように取りくみます。そして採点をしますが、この自己採点こそが大切な分析作業になります。以前の答案と比べてチェックしていきます。

●間違えていた解答⇒出来るようになった(緑色)
●間違えていた解答⇒もう少しで出来そう(赤色)
●間違えていた解答⇒全く歯が立たない(青色)

このように間違えていた問題を分類するのです。(ペンで色分けするといいです)。緑のチェックが多かったら進歩の証拠。そして赤色の場所が要注意!もう少しで上がりそうな問題の対策こそがあなたの伸びしろ。教科書や参考書、それでも納得できないときは塾の先生や家庭教師に質問し確実に理解しましょう。

実戦的な勉強例とし模試を中心とした勉強法を解説しましたが。新教研テストの過去問もこのように取り組んで下さい。こうして実施済み模試や新教研の過去問を利用することで次回模試の得点力アップが短期間で可能になります

非効率な勉強チェック!

受験勉強といっても勉強法はいろいろあるものです。しかし、やり方によっては全く伸びない勉強法もあります自分が現在やっている勉強をチェックしてみましょう。受験勉強に無駄な時間は大敵です。

非効率な勉強例を3パターンに分けて取り上げてみましたのでチェックしてみて下さい。

無駄パターン1:勉強時間がほぼ作業

・自学ノートを埋めるのに多くの時間を費やしている
・ノート作りで時間が取られている
・テキストの問題をノートに写している

無駄2 勉強内容にかたよりがある

・英語、数学しか勉強していない
・中3の勉強しかしていない
・学校の宿題が勉強の柱
・自分の好きな教科しか勉強しない
・難しい単元は分からないから勉強しない
・塾や家庭教師の時しか勉強はしない

無駄3 テキストの使い方を間違えている

・自分のレベルに合っていないテキストを使っている
・解答のないテキストで勉強している
・問題練習→マル付けで終わり
・最後まで終わらせた事がない
・次から次へとテキストを変える

今日は模試を使った勉強法を取り上げましたがかなり有効です。何をやったら良いのか分からない生徒はぜひ実践してみて下さい。

この時期、駿英で実際に行っている勉強法が「模試の復習+新教研過去問」です。目先の目標は12月号の新教研テスト!とにかく得点を意識し実戦的な勉強を試みましょう。

【福島県立高校入試スケジュール】
・Ⅰ期出願期間 1月18~23日
・Ⅰ期選抜試験 2月1~2日
・合格内定発表 2月6日

・Ⅱ期出願期間 2月14~19日
・Ⅱ期出願先変更期間 2月20~22日
・Ⅱ期選抜試験 3月8~9日
・県立高校合格発表日 3月14日

■ 雑記 ■

あと1週間で12月号の新教研ですね。必出の方程式の文章問題ですが昨年は「2次方程式の利用」一昨年は「連立方程式の利用」からの出題。さて今回は?
明日は「方程式の文章問題」特集でもしますね。
by 渡部

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。