福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

中学3年生の新教研テストの結果が出ましたね。
受験した生徒はどんな結果でしたか?

良くも悪くもこの結果を踏まえⅡ期試験の受験校を
再考している生徒も多いのではと察します。

私からのアドバイスは合計得点や偏差値、
合否判定だけを見るのではなく
12月号などの過去の結果と比較し、

どうして上がったのか(下がったのか)?・
苦手単元は何なのか?克服しているのか?
このままの勉強法で大丈夫か?

など自分なりに反省・分析し
次回に繋げることが大切なのです。

その点を踏まえ
ラストスパートに励んでくださいね。

それでは1月号の新教研テストのデータを見てみましょう。

【1月号新教研テストデータ】
●1月号平均点
・国語:24.7
・数学:22.6
・英語:22.6
・理科:24.9
・社会:21.8
・3科目平均:69.9
・5教科平均:116.6

●受験者数9,372名
●最高点239点

12月号新教研との比較

12月号の新教研テストと比べて1月号はどうだったのか
相違点などを箇条書きにしてみます。

・12月号の5教科平均が118.8点で平均点自体はあまり変わらなかった
・12月号の国語の平均が30.0点と高かった。
・12月号の英語の平均点は14.7点と非常に低かったこと。
・1月号は全教科の平均点がまとまっていた。
・12月号は易しい科目(国語)と難しい科目(英語)が存在する問題だった。
・12月号は国語が得点源の生徒、英語の苦手な生徒にはきつい問題だった。

このように同じ新教研テストでも
科目毎の難易でガラッと結果が変わってきます。

どんなテストでも安定した点数が取れるように取り組みましょう。
それがテストに強い体質なのです。
ムラがあるということは入試でも思わぬ
落とし穴が待っているという事なんですよ~

2月号に向けて

2月2日(土曜日)が中3生にとって最後の新教研テストになります。
2月号は「福島県の予想問題」ということで
問題の量&答案用紙が県立入試そっくりに作られています。

模擬試験とはいえ、成績が上がって入試に臨むのと
下がって臨むのではモチベーションが変わってきます。

期末試験やⅠ期試験で忙しいところですが
1月号以上の結果が出せるよう取り組みましょう!


☆☆お知らせ~好評です!☆☆

無料で『志望校合否データ通知サービス』をやってます。
大変好評です。遠慮なく申し込み下さい!

>>>詳細はこちらの記事をどうぞ<<<


oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。