福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

福島県教育委員会から平成23年度の県立高校の募集定員が発表されました。

思った以上に削減規模が大きく正直驚いています。特に福島東や会津、葵、喜多方、湯本、白河旭、田村といった地域での人気校普通科が1クラス削減となりました。

私どもの生徒でもこれらの高校を志望校にしている受験生も多く頭が痛いです。昨年までのデータの見方を若干修正しないといけないようです。志望校がこれらの高校に該当しなかった生徒も少なからず影響を受けますので、注意してくださいね。(たとえば福島東高校ボーダーの生徒が、この定員を見て福島東に志望校を変更すると単純に福島西の競争率は昨年上がるということに)

なお、修正データの見方は後日記事にしたいと思います。

◇今年度との変更があった県立高校は以下の通りです。

【募集停止】
会津農林(生活経営) 定員40→0人へ

【募集定員削減】
福島東(普通科)定員320→280人
川俣(普通科)定員120→80人
田村(普通科)定員240→200人
白河旭(普通科)定員240→200人
会津(普通科)定員320→280人
葵(普通科)定員280→240人
喜多方(普通科)定員240→200人
湯本(普通科)定員280→240人
勿来(普通科)定員120→80人
四倉(普通科)定員160→120人
浪江(普通科)定員120→80人
福島南(国際文化)定員80→40人
二本松工業(情報システム)定員80→40人
郡山商業(国際経済)定員80→40人
平商業(流通ビジネス)定員80→40人
福島北(総合学科)定員240→200人
双葉翔陽(総合学科)定員120→80人
相馬東(総合学科)定員240→200人

※削減される高校は普通科11校、職業学科4校、総合学科3校の18校。
※地域別に見ると県北5校、会津4校、いわき4校、相双3校、県中2校、県南1校である。

詳細の募集定員につきましては、福島県教育委員会のHPより見ることが出来ます。

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

お待たせしました!「駿英ネットサービス」を今年も開設しました! お陰様で今年で7年目の駿英自慢のオンラインサービス。
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」をご検討下さい^^

要望に応えスマホでの利用も出来ます。今ならお得な値引きクーポンがついています^^

駿英ネットサービスのご案内

【夏期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの自分で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。