福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

今年度も福島県立高校では体験入学が実施されます。日程的には本日7月22日(火)より9月にかけて行われます。参加を迷っている受験生もいるようですが、私は興味がある高校がありましたら「迷わず行けよ」と猪木のように答えていますが(笑)

今回はそんな体験入学のポイントについてお話しします。

【体験入学をなぜ奨めるか】

体験入学を何校もする人がいますが、私は全然構わないと思います。確かに学習塾などで夏期講習が行われている期間ですが、私なら迷わず体験入学を選びますね。

高校の教室や校庭に入り学校の雰囲気を味わえるのです。学校により体験入学の内容は変わりますが、生の授業を見学したり、部活を体験できたり、高校生との交流があったり、高校の先生を見たり・・・、とにかく高校の様子を体感出来ます。これはどんなに勉強しても分からない体験なのです。

生徒によってはがっかりするかもしれませんが、憧れの高校を肌で感じて「この高校に入りたい!」とモチベーションを上げる生徒の方が断然多いです。

【どんな内容なのか】

大学のオープンキャンパスまではいきませんが、高校側もアピールする良い機会になりますのでかなりサービスしていますね。細かい内容は各高校のHPなどで見ていただきたいのですが次のような内容で行われます、

☆学校紹介
☆施設見学
☆体験授業
☆授業見学
☆体験実習
☆実習見学
☆在校生との交流
☆保護者・引率教員との懇談
☆部活動見学
☆部活体験

【受験に有利なのか】

体験入学に参加したからといって直接的に有利に働くことはありません。ただし、Ⅰ期を受験する場合には「願書」や「面接」で体験入学に参加した事を大いにアピールできるので、その点では有利といえます。

【体験入学の日程】

多くの学校では夏休みに体験入学が行われます。高校に入って校庭や校舎を眺める見学ではありませんので、予定日が決まってます。自分のスケジュールを調整して参加するようにしましょう!

なお、体験入学の日程につきましては駿英家庭教師学院のホームページにアップしておりますのでご覧下さい。

⇒平成26年度福島県立高校体験入学予定日一覧

今週の体験入学実施高校

☆平成26年7月22日(火)

(普通科)
・湯本高校

(実業科)
・いわき海星高校

(総合学科)
・安達東高校

☆平成26年7月23日(水)

(普通科)
・橘高校
・福島西高校
・葵高校
・川口高校

(実業科)
・塙工業高校

☆平成26年7月24日(木)
(普通科)
・福島高校
・保原高校
・安達高校
・安積黎明高校
・田村高校
・小野高校平田分校
・会津高校

(実業科)】
・保原高校
・会津工業高校

☆平成26年7月25日(金)

(普通科)
・川俣高校
・梁川高校
・郡山東高校
・須賀川桐陽高校
・修明高校
・喜多方東高校
・磐城桜が丘高校
・好間高校
・遠野高校
・相馬高校
・田村高校

(実業科)
・川俣高校
・福島工業高校
・郡山商業高校
・郡山北工業高校
・清陵情報高校
・修明高校
・勿来工業高校
・相馬農業高校

(総合学科)
・会津学鳳高校
・いわき総合高校

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

7年目の「駿英ネットサービス」お陰様で好評です^^ 今年のコンテンツは更にパワーアップ!
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」を、ぜひ ご検討下さい!

スマホやタブレットでの利用も出来ます
駿英ネットサービスのご案内

【二学期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
1学期の成績が振るわなかった生徒は学習環境の見直しが必要。「今の塾で変わるのか?」「このままの自分で良いのか?」反省してみましょう。時間はあっという間に過ぎ去ります!

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。