福島県の入試情報から新教研対策問題、独自コンテンツまで提供!
プロの家庭教師の視点から『勉強』を綴った駿英ブログ。 勉強方法や参考書・問題集のレビュー、 タイムリーな入試情報までお得な情報満載☆ とっておきの『勉強術』をお届けします!

前回の続きになります。記事は高橋先生です。


さて、子供の発達が「定型発達」ではないかと疑い始めるきっかけは様々だと思います。最近では、乳幼児健診や就学時健診で、医師から指摘される場合も増えています。そうすると、専門家への受診も早期にできます。しかし、症状が目立たないタイプや、その時のタイミングによって、気が付かれないケースが多いのです。

健診で指摘されなかった場合、保護者が気が付くか、本人が違和感を訴えるか、教師や親戚などの他人に指摘されるということが、非定型発達を疑い始めるきっかけとなります。その時の保護者の対処が非常に難しいところだと思います。

他の子ども達との違いが、周りに受け入れてもらえ、本人も今後の人生で大きな困難をきたさない、いわゆる個性と言える範囲のものか、それとも専門家のサポートが必要なのか、判断に迷う方も多いのではないでしょうか。

保護者が自然に気が付いたとします。保護者の多くは、複雑な気持ちになるでしょう。自分の子どもが発達に問題を抱えているという可能性を、無意識に否認してしまい、「気のせいだ」ということで無理に自分で納得してしまう親御さんも多いでしょう。

本人が、違和感を自覚するのは、何かしらのトラブルの積み重ねなどで、不適応が起こってしまっている場合がほとんどです。この場合は、専門家への受診は意外としやすいことが多いです。ただ、既に不適応が起こっている状態での受診なので、本来の発達の問題が隠れてしまい、鬱状態などの二次的な障害のみの診断や治療になってしまうことが多いです。

教師や親戚など、割と身近な大人が気付いた場合、一般的には、その事を保護者の方に伝えるかどうか迷うと思います。専門家ではないので、「少し変わっているだけなのかもしれない」と思ったり、却ってもし違っていたら後々親御さんとの人間関係にまで影響してしまったりすることを危惧するからです。逆に考えれば、他人が忠告してくれるということは、それだけ症状が強い可能性が高いのです。

次に、我が子の発達のアンバランスさが標準を超えていると疑った時に、どのように行動したらよいかの判断ですが、「ADかもしれないから病院に行って検査を受けなさい。」と、単刀直入に切り出すことも難しいし、家族の中での情報や意識の共有も大変です。

今は、情報がたくさんあるので、本やネットなどで知識を入れるということも簡単にできるようになりました。気を付けなければならないのは、誰もが簡単に情報を発信することもできるので、全てが正しいとか、全てが自分の子にも当てはまるとは思わない事です。

客観的事実と、情報提供者の主観的な考えの区別や、正しい知識や理解が必要です。その上で、家族に同意を求めたり、本人に抵抗感なく受診しやすい説得の仕方を考えるということをお勧めします

oshirase

駿英ネットサービスのご案内

お待たせしました!「駿英ネットサービス」を今年も開設しました! お陰様で今年で7年目の駿英自慢のオンラインサービス。
●新教研テスト対策
●方程式の文章問題対策
●図形の証明対策
●リスニングテスト対策
●定期試験対策
●県立入試問題対策
●受験校のメール相談
不安な受験生の力になります!「駿英ネットサービス~season7」をご検討下さい^^

要望に応えスマホでの利用も出来ます。今ならお得な値引きクーポンがついています^^

駿英ネットサービスのご案内

【夏期生徒募集】自分に合った勉強方法を見つけよう!
塾で成績が上がらない生徒は学習環境の見直しが必要です。このままの自分で良いのか反省してみましょう。

駿英の指導は
●中学生コースは5教科指導可能
●徹底した新教研テスト対策
●映像授業とは全然違う高校生への直接指導
●どのレベルも分かりやすいと評判の高校数学
●スペシャリスト揃いの高校コース

駿英の個別指導は完全完全1対1!家庭教師そのままの授業を教室にて行います^^
ぜひ、駿英の家庭教師&教室指導をご検討ください^^

※映像授業で高校数学が分からない時はお早めに!スペシャリストが待っています^^
※数3C、物理、化学、古文など指導できる先生は限られてきます。お問合せ下さい。

この記事を書いた人

渡部
渡部 運営責任者

駿英家庭教師学院の運営責任者。体力の衰えは感じるものの指導の経験値は益々上がっています^^; このブログではその培った経験をお裾分けします。  

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。