1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫平成30年度 福島県立高校の入試日程と選抜方法!

平成30年度 福島県立高校の入試日程と選抜方法!

Pocket

平成30年度の福島県立高校の選抜試験のスケジュールと選抜方法についての詳細です。
選抜方法に大きな変化はありませんが、受験生は日程を確認し計画的に過ごすようにして下さい。

勉強部屋に日程を書き、目立つ場所へ貼り付けておくことをお奨めします。

※福島県立入試Ⅰ期試験の裏側を過去のブログで記事にしています。Ⅰ期をB推薦(部活動推薦)で受験の生徒はをご覧下さい。リアルに綴っています。

福島県立Ⅰ期選抜試験の詳細~駿英ブログ記事

平成30年度 福島県立高校入試日程

福島県立高校Ⅰ期選抜試験/連携型中高一貫選抜
  • 出願期間・・・1月18(木)~23日(火)
  • 1期選抜試験・・・2月1日(木)~2日(金)
  • 合格内定発表・・・2月6日(火)
  • 入学確約書提出・・・2月8日(木)~13日(火)
福島県立高校Ⅱ期選抜試験
  • 出願期間・・・2月14日(水)~19日(月)
  • 出願先変更期間・・・2月20日(火)~22日(木)
  • 調査書提出・・・2月23日(金)~26日(月)
  • Ⅱ期選抜試験・・・3月8日(木)~9日(金)
  • 合格発表・・・3月14日(水)
福島県立高校Ⅲ期選抜試験
  • 出願期間・・・3月15日(木)~16日(金)
  • 出願先変更・・・3月19日(月)
  • Ⅲ期選抜試験・・・3月22日(木)
  • 合格発表・・・3月23日(金)

福島県立高校の選抜方法について

Ⅰ期選抜試験について

【1期選抜方法】

自己推薦による選抜試験。簡単に言えば県立高校への推薦試験。形式的には受験生自身が高校を選べる自己推薦方式となっている。
選抜方法は高校によって異なるが、志願理由書の記載内容・調査書・面接・作文(小論文)等で決定される。定員枠は募集定員の10~45%程度

☆☆メモ☆☆

⇒ 自己推薦と言っても、高校側で受験基準を設定しており、設定された成績表の平均評定をクリアしていないと合格は難しいA選抜が勉強による推薦枠、B推薦がスポーツ・音楽による推薦枠とⅠ期選抜も2通りに別れており、それぞれの合格人数はほぼ決まっている。 スポーツ・音楽枠は実績勝負。勉強枠は、面接・小論文で決まる。

平成28年度の普通科系の最高倍率は福島南(国際文化)3.20倍。次いで安積高校(普通)で3.09倍、郡山(普通)2.75倍、福島(普通)2.38倍だった。

※数年前から安積黎明高校や郡山高校のⅠ期選抜はA選抜、B選抜方式が廃止され選抜方法が一つになった(内容は限りなくB選抜に近い)。

Ⅱ期選抜試験について

【Ⅱ期選抜方法】

学力検査・調査書による選抜。5教科の入学試験を受験し、調査書と面接を資料として合格者を決めるいわゆる一般的な選抜方法。採点・配点は高校が決める。傾斜配点を採用する高校もあるので注意が必要。

☆☆メモ☆☆

⇒ 平成29年度の福島県立高校Ⅱ期選抜試験の5教科平均は128.3点
昨年と比べると3.4点下降した。過去29年の平均点(125.2点)を見ると、今年度も125~130点の平均点が予想できそうだ。

昨年度は平均点が25点以下の教科は国語、数学、英語。反対に理科が28点以上の高い平均点。特に国語が難しく、平成に入り2番目に低い平均点だった。

入試平均点の内訳は国語24.7点,数学24.9点、英語24.3点、理科29.0点、社会25.5点だった。次の入試は脱ゆとりから5年、教科書改訂からは2年目。10年前と比べかなり厚くなった教科書からどんな問題が出題されるのか注目される。

過去29年の福島県立一般入試の平均点一覧はこちら

Ⅲ期選抜試験について

【Ⅲ期選抜方法】

昔で言えば県立高校の2次募集にあたる。よって定員に満たない高校しか実施されない。
選抜に当たっては、調査書と面接、小論文(作文)で選抜する。Ⅱ期選抜の学力試験の成績を選抜資料にしないので内申書勝負になる。

☆☆メモ☆☆

⇒ 例年Ⅲ期試験実施高校はどうしても郊外校が多い。進学校のⅢ期募集はほとんどない。つまりⅢ期試験をあてにしてはダメということ。

※平成29年度における進学校のⅢ期募集は須賀川桐陽(数理科)の8名募集。その他Ⅲ期で募集した注目校は田村高校(普通科)の22名だった。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Pocket