1. ホーム
  2. ≫コースと料金について

コースと料金について

Pocket

家庭教師のコースのご案内

駿英の家庭教師は、
(1)小学生の部
(2)中学生の部
(3)高校生の部(浪人生も含む)

に別れており、それぞれの中にコースがあります。

(1)小学生の部

◆小学生総合コース(学校の授業に則して指導します)

学校の進度にあわせ予習や復習を行います。教科は自由ですが、御父母と相談し指導教科や指導内容を決定します。ほとんどの児童が基本教科である国語・算数を学習しています。gakusyutyu2 もちろん苦手教科の克服や中学生への準備として他の科目を学習しても構いません。

なお、新課程により小学校から英語を学習することになりました。英語を希望する児童にもレベルに応じて対応します。

◆実戦力養成コース(様々なニーズに対応します)

「他県の学校に進学するのでその準備がしたい。」「中学受験を考えている。」「英検取得を目指したい。」「学年を越えた指導を受けたい。」など様々なニーズに答えるコースです。 このような要望に答えるためには学校の授業・教科書ではとても対応できません。

駿英では、現時点での生徒のレベルを踏まえテキストを選定しカリキュラムを立てます。 学校の授業と離れているため小学生には試練ですが、シュンエイの先生が強力にバックアップします。目標達成を信じ先生と頑張ろう!

(2)中学生の部

◆総合指導コース(対象:中1~中2)

moe1
生徒の要望に合わせ総合的な指導を行います。学期ごと、または定期試験ごとに生徒と話し合い指導科目や指導内容を設定します。 時間的な制約もありますが、5科目学習することも出来ます
一番多い要望はやはり定期試験の順位アップ! カリキュラムの基本は「普段は英語・数学の指導を行い定期試験1ヶ月前から他の教科(理科・社会・国語)のフォロー。そしてテスト前は5教科の予想問題練習」という感じです。
駿英の先生は5教科対応可能ですので、生徒の学習状況に合わせ「普段は英語と数学中心。テスト前だけ理科・社会を勉強したい」 「苦手な理科の電流を克服したら次は歴史と数学の証明問題中心」といったその時の生徒に応じた柔軟な効率学習が可能!過去問を用いて新教研の対策も行います。

駿英の先生は5教科指導出来る先生達です。だからこそ可能なコースです。

※このコースの生徒は『駿英ネットサービス』が利用できます。

◆受験総合コース(対象:中3)

志望校合格のために必要な指導を総合的に行います。もちろん5教科対応です。
shinkyokentest
一般的な例として、夏休みまで評定アップのために定期試験対策が目標。7月から本格的な受験対策に突入。実力テストや新教研テスト対策をメインに受験に必要な総合力・実戦力アップを図ります。5教科指導できる駿英の先生だからこそ、生徒が苦手科目(単元)や苦手問題に悩んでいるとき、すぐに対策が行われそれが成績アップの秘訣なんです!

3学期は公立高校の受験指導です。オリジナルの受験対策問題や予想問題を取り揃え徹底的に入試対策を行います。的確なデータ分析による進路相談、受験相談は駿英ならではと評判です。

駿英がお薦めする県立高校の受験突破法は、7月から毎月新教研テストを受験し、そこから弱点・課題・反省点を見つけ次回につなげていくという受験勉強スタイルです。駿英では新教研テスト対策問題を徹底的に行い受験に備えます。受験対策や新教研対策についての取り組みは、当学院の公式ブログ駿英式「勉強術!」をご覧下さい。

※このコースの生徒は『駿英ネットサービス』が利用できます。

(3)高校生の部

◆教科書指導コース(対象:高1~高3)

塾用テキスト又は教科書、サブテキストを用いて指導します。目標を定期試験や校内成績とし、 学校の進度に合わせ指導します。推薦を狙っている生徒や苦手科目を克服したい生徒に適しています。gakusyutyu1 統計によると高校の授業は約3割の生徒しか理解していないそうですが、このコースで教科書を徹底理解し、 学校の授業を楽しめるようにしよう!

推薦枠での大学進学は本当に狙い目です。どの高校にもチャンスはありますので進学校じゃない生徒もあきらめないで駿英の先生に相談してみましょう!

※このコースの生徒は高校生用『駿英ネットサービス』が利用できます。

◆実戦力養成コース(対象:高1~高2)

大学受験に照準を合わせ、そのために必要な実戦力を養成するコースです。大学受験は高校受験とまったく異なるもの。 教科書だけ学校の授業だけではどうにもならないのが大学受験。 このコースでは、現役合格をするために必要な学力を徹底的に身につけます。このコースで早めに受験勉強を開始!

※このコースの生徒は高校生用『駿英ネットサービス』が利用できます。

◆大学受験コース(対象:高3)

shinkenmoshi
始めに志望大学(学部)に合わせて生徒とプランニングをします。標準的な指導は夏休みまでに受験科目の基礎固め、夏休み以降は過去問や対策の問題集を用いての実戦学習に入ります。 また、生徒には各種模擬試験を受験させます。指導するのは大学受験のエキスパートの先生たち。 適切な進路指導を行います。第一志望目指して駿英の先生と頑張ろう!

※このコースの生徒は高校生用『駿英ネットサービス』が利用できます。

家庭教師料金のご案内

yoshi
家庭教師にかかる費用は、入会金・授業料・交通費になります。つまり、入会後の費用は授業料と交通費のみになります。 学費は月謝制で徴収しており、毎月の家庭教師の授業回数で算出します。

繰り返しますが、下記に記載する費用以外は一切かかりませんのでご安心下さい。

なお、教材費はあくまでもオプションであり、希望の生徒に1科目2,000円(年間)の塾用テキストを購入していただいております。

入会金

入会の時期 入会金
通常の入会の場合 15,000円(税込16,200円)
受験生が10月以降に入会した場合 12,000円(税込12,960円)

※兄弟などで入会の場合2人目が半額になります。
※退会・休会後の再入会は、入会金がいっさい不要となります。

小学生の授業料

【月謝例】週1回(月4回)の授業回数での月謝です
※下記の料金には交通費は含まれておりません

コース 1時間の単価 月謝:60分授業 月謝:90分授業 月謝120分授業
小学生総合コース 3,200円
(税込3,456円)
12,800円
(税込13,824円)
19,200円
(税込20,736円)
25,600円
(税込27,648円)
実戦力養成コース 3,500円
(税込3,780円)
14,000円
(税込15,120円)
21,000円
(税込22,680円)
28,000円
(税込30,240円)

中学生の授業料

【月謝例】週1回(月4回)の授業回数での月謝です
※下記の料金には交通費は含まれておりません

コース 1時間の単価 月謝:60分授業 月謝:90分授業 月謝120分授業
総合指導コース 3,500円
(税込3,780円)
14,000円
(税込15,120円)
21,000円
(税込22,680円)
28,000円
(税込30,240円)
受験総合コース 3,500円
(税込3,780円)
14,000円
(税込15,120円)
21,000円
(税込22,680円)
28,000円
(税込30,240円)

高校生の授業料

【月謝例】週1回(月4回)の授業回数での月謝です
※下記の料金には交通費は含まれておりません

コース 月謝:90分授業 月謝120分授業 月謝150分授業
教科書指導コース 22,400円
(税込24,192円)
29,600円
(税込31,968円)
36,800円
(税込39,744円)
総合指導コース 24,000円
(税込25,920円)
32,000円
(税込34,560円)
40,000円
(税込43,200円)
大学受験コース 24,000円
(税込25,920円)
32,00円
(税込34,560円)
40,000円
(税込43,200円)

交通費

  • ほとんどの先生が車で移動します。燃料費として10キロ当たり100円で交通費を算定します。
  • 電車・バスで移動の場合実費ご負担願います。
  • 燃料費が高騰した場合交通費の変更がありえます。ちなみに16年一度も交通費を変更したことはありません。

その他注意事項

  • 一回あたりの授業時間は、小学生の場合60分~90分が目安になります。
  • 中学生・高校生の場合の授業時間は90分~120分が基本(目安)となります。
  • 中途解約の解約金などは、いっさい不要です。
  • 先生は全員が指導のプロ。先生によって料金が変わることおはありません。
  • クーリングオフ(申込日より8日以内)ができます。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Pocket